2017年クロニクルデッキを改造してシノビドルゲーザーを強化!【デュエルマスターズ】



2017年クロニクルデッキ改造

デュエルマスターズプレイヤーのみんな様こんにちは(/・ω・)/

さあさあ、今回は、ドルゲを改造する回その2です!(もう日記にする予定!w)

実は、前にもやったのですが、あれは調整段階だったので、今回は、今現在のドルゲを紹介します!



デッキレシピ

前回紹介したデッキがこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シノビドルゲイザー再来!!クロニクルデッキを早速改造【デュエルマスターズ】
2017年発売のクロニクルレガシーデッキを早速改造!過去にはやったシノビドルゲイザーデッキが再び強化され、大暴れ!

変更点としては、初動が一番大きいですね。

やはり、アナリス4枚は、事故率が高く、結果的に、ジャスミン3、フェアリーライフ3、アナリス2が一番丸いのかなぁという結論に至りました。

そして、アカデミーホウエイルを採用しました。

このカードとドン込むがどちらが強いかなぁーと今、試しているところですが、おそらく、ドン込むを採用するのでは、ないかなぁと思います。

一応、ホウエイルを現在採用している理由としましては、ドン込むは、サーチもできて、バウンスもできていいですが、持ってこれるカードが1枚だけという点です。

サーチに関しては、確かに強いですが、この型のデッキは、2ターン目加速→3ターン目キリノor佐助の超人→ドルゲという、ロマンを追求しています。

そのため、手札の消費がものすごく激しいです。

そこで、1枚だけサーチして引っ張ってきても、あまり強くはないのかなぁと思います。

バウンスに関しては、別にニンジャがあれば、ある程度リカバリー出来るのではないかなーと思います。

単騎をバウンス出来るという点では、確かに強いですが、最近の環境を見てみると、まあ大体単騎があるならラフルルもある!という感じなのかなぁーってとあるカジュアル勢的には考えていますので、ここはもう割り切ろうと思っています。

まぁ、このロマンを無視して、柔軟なデッキが組みたい!という方は、とあるカジュアル勢は、キリノの2枠と、ホウエイルの2枠をドン込むにするのが、いいと思います。

バイケンについて

バイケンですが、こいつは、結構器用な使い方が出来るのでは?と、最近は考えています!

ニンジャストライクで佐助の超人を相手のターン中に出して、効果で、手札のバイケンを、墓地に置く代わりにバトルゾーンに出します。

ここで、バイケンの効果で、相手のクリーチャーを戻してもいいと思いますが、佐助の超人を戻せば、佐助の超人を再利用できて、うまくいけば、相手のターン中に2ブーストすることができ、とてもいいと思います!

ライデンについて

ライデンですが、モルネクと対面して、相手が、ハートバーンを立ててきた時、ライデンが、手札にあれば、ジャスキルを封じることができます。

まあそれは、このデッキで言えば、別に他のカードでもできそうですが、まあ、ニンジャ1でメメントが立っていれば、最大2体止められるのは、とてもいいかと思います!

っはい!では、今回の改造回はここまで!

みなさんも一緒に!ドルゲを改造していきましょう!!!!

っはい!ということで今回は、ドルゲの改造回Part2でしたー!

ご閲覧ありがとうございましたー(/・ω・)/