墓地退化デッキ デスシュテロン搭載型




はい、今回のデッキ紹介は墓地退化デッキ!!!

何故いまさら??と思う方もいるかもしれませんが、なんといってもドギラゴールデンvsドルマゲドンxで追加された新たなるカード、「ノロンアップ」が登場したからだ!!

もうこれは、墓地退化デッキに組み込み、さらなる安定性を確保するしかない!

※墓地退化デッキは墓地進化を利用し、龍脈術 落城の計などの呪文を使用し、大型クリーチャーをバトルゾーンに残すデッキ。

ということでデッキレシピを下記に貼っておきます!


墓地退化デッキレシピ

終末の時計 ザ・クロック 4枚

斬隠蒼頭龍バイケン 4枚

死神術士デスマーチ 4枚

鬼面妖蟲ワーム・ゴワルスキー 2枚

奈落の葬儀人デス・シュテロン 4枚

戦略のD・H アツト 2枚

問2ノロンアップ 4枚

世紀末ヘヴィ・デス・メタル 4枚

[呪文]

龍脈術 落城の計 4枚

センジュ・スプラッシュ 1枚

ストリーミング・シェイパー 1枚

エマージェンシー・タイフーン 4枚

地獄門デスゲート 2枚




墓地退化デッキの回し方

[問2]ノロンアップを加えてみたところこのような形になりました。

まずはデッキの動かし方についてまとめます。

■2ターン目

ここでアツト、ノロンアップ、エマージェンシーを使用することにより、手札の調整と墓地にヘヴィ・デス・メタルやデス・シュテロンを置いておきます。

■3ターン目

デスマーチで進化するのもいいが、もし除去られそうあれば、また手札の調整や墓地を肥やしたりして、次のターンの準備をする

■4ターン目

デスマーチで墓地進化し、龍脈術 落城の計で場のデスマーチを選択し手札に戻します。

この時に下のカードが残り、見事バトルゾーンに出てくるというわけです。


つまりこのデッキは2ターン目、3ターン目の調整がかなり重要となる

従来の方であればエマージェンシーとアツトの2種類を4枚ずつ積み、合計8枚でしたが、ノロンアップの登場により、これを12枚にまで積むことが出来るようになりました^^(今回のレシピでは3種類合わせて10枚にしています)

このことにより序盤に必ずといっていいほど、手札にこのカード達が来ますので、序盤での動きはスムーズに行くと思います。

しかもノロンアップは闇/水の文明なので、黒の色合わせに最適です。

もはやこのデッキのために生まれてきたのではないだろうか・・・・・


※注意 落城退化

この龍脈術落城の計で一番上のカードを引っペがし、退化させるわけですが、退化してバトルゾーンにいるクリーチャーは、バトルゾーンに元からいたという扱いになるので、出たときの効果は発動しません。