キングボルバルザーク 評価 デュエデミー賞



今日はこちらのカードについて考察していきたいと思います

キングボルバルザーク

アーマード・ドラゴン/アース・ドラゴン
火/自然文明・コスト7
パワー6000
マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーの攻撃の終わりに、バトルゾーンに自分の他ラゴンがあれば、自分のクリーチャーをすべて山札一番下に置いてもよい。そうしたら、このターンの後、自分のターンをもう一度行う。

あの殿堂カードの恐怖が再びですね…

しかし今回はしっかりと縛りがあるので一安心ですね


■ドキンダムエリアと相性が良い

キングボルバルザークと他のドラゴンがバトルゾーンを離れる時にドキンダムエリアで封印をつけてしまい、エクストラターンの開始時にdスイッチで封印を解除!

さらにこの時禁断機関vv8をバトルゾーンに置いておくと、ついでにはがしてしまって、またエクストラターンなんてことも…

Dの禁断 ドキンダムエリア

自分のクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、かわりにそのクリーチャーに封印を付ける。
  (カードを封印するには、自分の山札の上から1枚目を裏向きのままそのカードの上に置く。
  コマンドがバトルゾーンに出た時、その持ち主はそのコマンドと同じ文明を持つ自身のカードから封印をひとつ、墓地に置く。
  クリーチャーが封印されている間、両プレイヤーはそのクリーチャーを無視する)
  (他のD2フィールドがバトルゾーンに出た時、このD2フィールドを自分の墓地に置く)
 Dスイッチ:自分のターンのはじめに、このD2フィールドをゲーム中で一度上下逆さまにしてもよい。
  そうしたら、自分の封印を6枚まで墓地に置いてもよい。

禁断機関vv8

T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から5枚を見て、その中から2枚を自分の手札に加える。このクリーチャーに封印を3つつける
禁断機動:このクリーチャーの封印が全てなくなった時、このターンの後に自分のターンを追加する


■龍回避と相性が良い

例えばQED+と共に場にいれば、キングボルバルザークの効果で山札に下に行く時に龍回避で場にとどまることができる

ではいったいどうやってクリーチャー側にするのかというと、ドンドドフェルを使用すれば良い

さらにドンドドフェルはドラゴンでもあるので相性が良い

龍波動空母 エビデゴラス

自分のターンのはじめに、カードを1枚引いてもよい。
龍解:自分がカードを引いた時、それがそのターンに引く5枚目のカードであれば、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。(ゲーム開始時、ドラグハートは自身の超次元ゾーンに置き、バトルゾーンを離れた場合、そこに戻す)

最終龍理 QED+

自分のターンのはじめに、自分の山札の上から5枚を見る。そのうちの1枚を山札の上に戻し、残りを好きな順序で山札の一番下に置く。 その後、カードを1枚引いてもよい。
自分の水のドラゴンはブロックされない。
W・ブレイカー
龍回避―このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンを離れるかわりに、フォートレス側に裏返す。

激流剛撃 ドンドドフェル

マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
W・ブレイカー
自分のターンの終わりに、自分の手札をすべてマナゾーンに置いてもよい。
そうしたら、カードを3枚引く。


■その他

ほかにもインフェニティドラゴンとの組み合わせや、戦慄の頂ベートベンでエターナルΩをもたせて再利用するなど色々な使い方があるので是非おためしあれ(´∀`*)

では今日はこの辺で失礼します(ヾ(´・ω・`)