【ファンデッキ】デッキの半分以上がゼニス!?圧倒的な展開力「暴発ゼニス」を紹介!

【ファンデッキ】デッキの半分以上がゼニス!?圧倒的な展開力「暴発ゼニス」を紹介!

SSTの登場により、「ブライゼシュート」が一躍注目を浴びることになったが、そんなブライゼシュートはもともと「星龍ブライゼ」というデッキタイプで組まれていた。

これは星龍の記憶や星龍パーフェクトアースを使ってシールドを全てSトリガーにし、ブライゼナーガや暴発秘宝ベンゾで大型クリーチャーを大量に踏み倒す、といった構築である。

現在ではあまり見ないデッキタイプだが、今回はこれに似たギミックと大型クリーチャーの代表格であるゼニスを組み合わせた「暴発ゼニス」を紹介したいと思う。

暴発ゼニス

デッキ内容

暴発ゼニス

デッキの特徴

このデッキは内訳の半分以上がゼニスで構成されており、大型クリーチャーを大量展開する豪快なデッキになっている。

それでいてゼニスを召喚できるゼニスクラッチや、高いフリーズ性能を持つゼニスパークといったSトリガーも多く、受けもかなり強いデッキになっている。

音感の精霊龍エメラルーダ

踏み倒しに使用するのは音感の精霊龍エメラルーダで、ブライゼナーガのようなシールド全てから踏み倒すような豪快なことはできないが、以下のような利点がある。

  1. ブロッカーを持っていることでヘブンズゲートで出すことができる
  2. ブライゼナーガが闇文明であるため生じる文明の都合
  3. シールドを仕込める純粋な防御面の強さ
  4. 5コストなのでブライゼナーガよりも1ターン早く動ける
  5. マナカーブ的にブライゼナーガヘブンズゲートがかぶってしまう

これらの理由から、このデッキでは星龍エメラルーダのギミックを採用している。

デッキの動かし方

既述の通り、デッキの半分以上がゼニスという都合上、序盤はSトリガーのカウンターで耐える。4ターン目には星龍の記憶を唱えてシールドを全てSトリガーにし、5ターン目にエメラルーダでゼニスを踏み倒す。

この時1枚しかシールドをめくることができないため、どうしても失敗することがある。また、手札要求量が星龍の記憶エメラルーダの2枚であるため、どちらか一方を引くことができないというケースもある。

この場合の打開策としてヘブンズゲートゼニスクラッチがある。両呪文は手打ちかSトリガーでゼニスをタダ出しすることができるので、サブルート兼受けとして必須カードである。

採用カード紹介

このデッキに入っている多数のゼニスの中で、重要なカードをいくつかピックアップして解説していきたいと思う。

「獅子」の頂ライオネル・フィナーレ

「獅子」の頂ライオネル・フィナーレ

シールドを好きな数手札に加え、5枚まで追加可能なこのカード。

受けで強力なゼニスに見えがちだが、実は手札に加えるシールドカードのSトリガーを使うことができるというブライゼナーガ顔負けの豪快な能力を持っている。

この能力が最大限に発揮される時は、星龍の記憶エメラルーダでめくったシールドがこのカードだった時。残り4枚のシールドは星龍の記憶でSトリガーになっているため、残りシールドを全てライオネルフィナーレで手札に加え、大型ゼニスを大量展開することができる。

その後も5枚までシールドを増やせるので、受けにも抜け目がなく、このデッキと非常に相性のいいカードである。

「俺」の頂ライオネル

「俺」の頂ライオネル

自分のシールドを全てSトリガーにするという非常に強力な常在効果を有する。その上召喚時にシールド追加&シールド回収ができるので、星龍エメラルーダをたった一体でこなすことができる。

ブロッカーを持っているので、「創世」の頂セーブ・ザ・デイトの召喚時効果で出せるのも魅力のひとつであり、出した後もその常在効果で相手に威圧をかけることができる。

まとめ

ゼニスの持つ圧倒的な展開力、強力な常在効果を使いこなせる上、安定した立ち回りをとることができるこのデッキは、自然のマナ加速を使った「零緑ビマナゼニス」より受けと展開力の高さで勝っている。

今年のクロニクルデッキのパーツをたくさん使用しているので、興味のある方はぜひ参考にしてほしい。

【ファンデッキ】「赤零ハイランダージョーカーズ」デッキを解説!新旧強力ジョーカーズが集結!
「赤零ハイランダージョーカーズ」のデッキレシピを解説!ジョーカーズという種族がプッシュされているため、今後このデッキはますます強化されていくだろう!