デュエマクエストパックの収録内容について考察~自然文明編~

デュエマクエストパックの収録内容について考察~自然文明編~

前回はクエストパックに収録されている闇文明の戦略について紹介したので、今回は引き続き自然文明の収録内容について考察していこう。

クエストパックに収録されている自然文明の特徴

今回クエストパックに収録されている自然文明は、今回新たに追加されたマスターレアの「最強虫ナゾマル」のミノマジカルをメインにした新戦略と、大型の自然クリーチャーをメインにした戦略の2種類がある。

カブト鬼の巨大切り札進撃パック

収録内容

  • 連鎖類超連鎖目チェインレックス
  • 獣軍隊ヤドック
  • 獰猛なる大地
  • 跳躍の超人
  • 父なる大地
  • カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター(新規)
  • ゴールデンデン・トラップ(新規)

再録に関しては優秀な踏み倒しメタである「獣軍隊ヤドック」とグラスパーループの核になるクリーチャーの「連鎖類超連鎖目チェインレックス」が収録されたことによって2ブロック構築で使えるようになった。

2ブロックで使えることで、これらのカードがいずれかの形で環境に食い込んでくる可能性が高いと考えている。

新規カードについては2種類とも強力なカードが揃っているので紹介してこう。

カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター

カブトリアル・クーガ/ミステリー・ディザスター

クリーチャー側がマッハファイター持ちで、バトルに勝ったとき「コレンココタンク」や「テラネスク」と似たような効果が発動する。

このカードの特筆すべきところが、呪文側である。呪文側がなんと現在殿堂カードの「ミステリーキューブ」と同じ効果を持っているのだ。

シールドトリガーがなくなったとはいえ踏み倒し効果が強力なことはE2~3でミラミスホーガンやホーガンミスキューなどのデッキを使っていた人ならわかるだろう。

ゴールデンデン・トラップ

ゴールデンデン・トラップ

呪文の効果は1マナ重くなった代わりに「フェアリーライフ」がついた「ナチュラルトラップ」のような感じになっている。

1マナ増やせる「ナチュラルトラップ」は単純にトリガーとして使いやすいと思う。

ミノまるのまじかる大変身パック

収録内容

  • 霊騎ラグマール
  • 連鎖類大翼目プテラトックス
  • フェアリー・トラップ
  • 未来設計図
  • ライフプラン・チャージャー
  • 最強虫ナゾマル(新規)
  • マツぽっくん(新規)

こちらの収録内容で見るべきところは、デッキ限定で入手しずらかった「フェアリートラップ」が再録したことと、汎用性が高い「未来設計図」と「ライフプラン・チャージャー」が2ブロック構築で使えるようになったことだろう。

あの「母なる大地」をリメイクしたような効果を持つ「最強虫ナゾマル」とその「最強虫ナゾマル」と相性が良いカードが新録されているので紹介しよう。

最強虫ナゾマル

2コストのマナゾーンからも召喚でき、ターンの初めにこのクリーチャーをマナゾーンに置くことで自身のマナの数以下のクリーチャーをバトルゾーンに打数ことができる「母なる大地」を持つクリーチャーである。

「母なる大地」と同じ効果を使え、何回も使いまわせる強さがあるが、効果が発動するまでに1ターンかかることがネックになりそうなので、どのようにして使われていくが見所である。

マツぽっくん

マツぽっくん

このクリーチャーは召喚できない系のクリーチャーで、普通にマナを払って出せない代わりに高パワーとTブレイカー、2コストクリーチャーにアンタッチャブルを付与、登場時マナ加速と効果マシマシになっている。

今のところ「最強虫ナゾマル」専用のような感じではあるが、「ボアロアックス」やその他のマナから出す系のカードとの相性が良さそうなので、うまく組み合わせて早期召喚したら強いカードとして使えそうだ。

最後に

今回のクエストパックの自然文明は再録も優秀で、新規カードも単純に強くて使いやすいカードが揃っている。

新規カードは強いだけではなく、中々面白いカードが収録されているので、これらを使ったデッキを開発するのも面白そうだ。