デュエマクエストパックの収録内容について考察~光文明編~

デュエマクエストパックの収録内容について考察~光文明編~

前回はクエストパックに収録されている火文明の戦略について紹介したので、今回は引き続き光文明の収録内容について考察していこう。

クエストパックに収録される光文明の特徴

光文明も他の文明と同じく2種類の戦略をメインにした収録内容となっている。

一つめは呪文をメインにした収録内容となっており、強力なスパーク呪文やドローソース、呪文回収クリーチャーが揃っている。

二つめは、双極篇2弾に少しだけ登場した新しい光文明の能力である『サバキZ』をうまく使うためのサポートカードや『サバキZ』を体験できるカードが収録されている。

それでは2種類の収録内容について考察していこう。

キラリ!奇跡のスパークパック

収録内容

  • 緑知銀イーアル
  • 天雷の導師アヴァラルド公
  • 龍聖霊ウィズダムフェウス
  • 緑知銀フェイウォン
  • DNA・スパーク
  • 光サス奇跡ノ裁徒(新規)
  • フラッシュスパーク(新規)

再録に関してはデッキ限定収録だった「緑知銀イーアル」と「龍聖霊ウィズダムフェウス」が収録されていることが個人的にかなりありがたい。

「龍聖霊ウィズダムフェウス」は特にこれからの青白ダンテや白単天門に採用される機会が増えると予想しているのでここで集めておくといいだろう。

では次に新規カードについて紹介しよう。

光サス奇跡ノ裁徒

光サス奇跡ノ裁徒

墓地にある呪文の枚数だけコストが1づつ下がるクリーチャーで登場時に呪文を3枚まで手札に戻すことができる。普通は使いにくそうだが、「ヘブンズゲート」と「スターゲイズゲート」、「天獄の正義ヘブンズヘブン」があるおかげで簡単に出すことができる。

そして登場時の呪文回収効果で、墓地にあるスパーク呪文や「ヘブンズゲート」からツインパクトのカードまで回収できることから回収範囲がかなり広い。ツインパクトを回収してそのままクリーチャーとしてつい回すことができるのがとても強い。

フラッシュ・スパーク

フラッシュ・スパーク

トリガー付きの呪文で効果が相手のクリーチャーを2体までタップしてその後タップしてるクリーチャーの数だけ山札からカードを引けるというものになっている。

使用した感想はちょっとコストの重い単色の「レインボースパーク」という感じで、シールドから来た時に大量にドローできるのがかなり強い。白単天門の弱点であった手札不足もある程度補える強さがある。今回の一押しカードだ。

輝け!!キラのサバキZパック

収録内容

  • 奇石マクーロ
  • ジャスティ・ルミナリエ
  • プロテクション・サークル
  • 紅の猛り天鎖
  • 隻眼ノ裁キ
  • 煌メク聖壁灰瞳(新規)
  • ハヤブサノ裁徒/ヒーリンマラスカス(新規)

再録に関しては、プロテクションサークルが次の環境で使える可能性が高いのと、使うかどうかは別として限定カードが多く収録されているのが結構いいと感じた。

新規カードはサバキZを使うためのカードが収録されているので紹介していこう。

煌メク聖壁灰瞳

煌メク聖壁灰瞳

登場時にシールド全てを手札に加えた後山札の上から5枚シールドとして追加できる効果を持つ。

どんな状況からもシールドを5枚まで戻せる強さと、シールドを手札に加える効果が新能力サバキZと相性がよく大量にサバキZでクリーチャーを並べることができるかもしれない。コストが重いのが弱点だが、新弾のカードである「煌メク聖戦絶十」と合わせて使うといいだろう。

ハヤブサノ裁徒/ヒーリンマラスカス

ハヤブサノ裁徒/ヒーリンマラスカス

クリーチャー側がサバキZを持つブロッカーで、呪文側がコストが重い「プロテクションサークル」のような効果となっている。

サバキZが自分のシールドゾーンから手札に加わった時にそのカードを捨てて召喚できる効果となっている。なのでサバキZをうまく使うために強いシールド交換カードを使うといいだろう。

最後に

光文明は再録が「龍聖霊ウィズダムフェウス」以外パッとしない感じであったが、新規カードに新能力をサポートするカードや天門などを強化できるカードが揃っているので新規目当てだったら嬉しいパックとなっている。

サバキZを体験するならここからだと思うので当たったら使ってみてほしい。