ガンバトラージョーカーズを解説!環境デッキ紹介[デュエルマスターズ]

ガンバトラージョーカーズを解説!環境デッキ紹介

初心者のためのジョーカーズ

ジョーカーズとは新たな種族の1つで、無色を基本としたカードである。

無色カードは文明を持たないためマナを支払う際に必要な文明を考えなくて良い。

しかし、逆にマナを発生させる際にただの1マナとしか使えない。

主人公が自身で描き、生み出した。という設定があるので、カードイラストはユニークなものが多い。

デッキ内容

ガンバトラージョーカーズ

  • ジョジョジョジョーカーズ×4
  • ヤッタレマン×4
  • チョコッとハウス×4
  • パーリ騎士×4
  • 洗脳センノー×4
  • ゼロの裏技ニヤリーゲット×4
  • ガヨウ神×4
  • 消王ケシカス×2
  • 破界秘伝ナッシングゼロ×1
  • ガンバトラーG7×3
  • ジョットガンジョラゴン Joe×3
  • ジョジョジョマキシマム×3

デッキ費用

1からカードを集めた時にかかる費用は約16000円である。

ジョーカーズ弾銃炸裂スタートデッキ を購入することでジョーカーズのデッキの素となる部分が全て揃うので、他の環境デッキと比べて作成しやすい。

また、環境デッキそのままで構築しなくとも、代用カードを使う構築でも一定の強さを誇るので初心者にオススメできる。

デッキの簡単な動かし方

序盤は基本的に「ヤッタレマン」または「チョコッとハウス」から「ニヤリーゲット」を唱え、手札を確保しながら「パーリ騎士」や「センノー」、「ガヨウ神」なども合わせて並べる。

中盤以降は、手札が良くない場合や相手の守りが薄いデッキに対しては「ガンバトラーG7」を出し、一斉攻撃。

トリガーが多いデッキや守りが固いデッキに対しては「ジョジョジョマキシマム」や「ケシカス」、「ジョットガンジョラゴン Joe」をデッキに合わせて使い、相手の呪文トリガーやトリガークリーチャーを制限しながら攻撃する。

簡単に言うと適当にクリーチャーを並べて「ジョジョジョマキシマム」を唱えて攻撃すれば勝てる。

デッキの特徴

  • ジョーカーズクリーチャー大量展開から「ガンバトラーG7」と「ナッシングゼロ」による速攻ができる
  • 「ガヨウ神」と「ニヤリーゲット」によって序盤から展開しながらもハンドリソースが切れない
  • 「ジョジョジョマキシマム」と「消王ケシカス」、「ジョットガンジョラゴン Joe」を使い、受けの強いデッキに対しても殴っていける
  • デッキのほぼ全てが無色カードで組まれているので色事故が起きない。
  • 比較的に安い
  • 超次元カードが必要ない

採用カードの紹介

ここからは一部の重要なカードをピックアップして紹介していこう

「ガンバトラーG7」

ガンバトラーG

このデッキの切り札その1。バトルゾーンに自分のジョーカーズが4体以上存在すると2マナで召喚できるが、基本的に「ヤッタレマン」が場に存在しているので1コストで出てくる。

実質スピードアタッカーを与えることができる能力を持っているので、軽減効果と合わせて火単速攻のように3~4ターン目にはシールドを0にするまたはダイレクトアタックまでできる。

「ジョットガンジョラゴン Joe」

ジョットガンジョラゴン Joe

切り札その2。こちらは場にジョーカーズが6体存在すれば1コストになる。

このクリーチャーの特徴は、除去が”カード”を選択し、除去先が山札の下であることだ。カード選択なので「サイバーダイスベガス」や「メメント守神宮」などの除去しにくいD2フィールドを除去できるのが強い。

さらに、この効果で山札からめくったカードがなぜか手札に加わるので、実質1コスト2ドローになりさらなる展開を狙うことができる。

効果が強制であることには注意しよう。

「ジョジョジョマキシマム」

ジョジョジョマキシマム

切り札その3。ジョーカーズ専用の「音精ラフルル」や「ミラクルストップ」的なカートして覚えるといいだろう。

しかし、なぜかわからないがこのカードを使ったクリーチャーが攻撃すると攻撃中の呪文を止めるだけでなく、ブレイクする枚数が増えシールドが全てなくなっている。

デッキによっては複数枚唱える場合がある。

採用候補カード

「当たりポンの助」

あたりポンの助

登場時にクリーチャーの名前を一つ宣言し、その名前を含む相手クリーチャー全てをこのクリーチャーが場にいる限り、能力なしのバニラクリーチャーにすることができる。

「ケシカス」と似たような役割をもてる。

「ヘルコプ太」

ヘルコプ太

際限なく、ドローできる場合があるのが「ガヨウ神」と差別化できるポイントである。

複数枚を「ガヨウ神」と一緒に採用することもできる。「ガヨウ神」が高いと思ったらこちらを採用しても良いだろう。

「閃光の守護者ホーリー」

閃光の守護者ホーリー

現在最も強いトリガークリーチャーである。守りに不安があったら採用しよう。

環境デッキの対面について

2コスト「ヤッタレマン」→「ニヤリーゲット」から相手の妨害が入らずに自分のやりたいことをやれば大抵のデッキには勝ってしまう強さがある。

ジョーカーズ だけを見たメタデッキ以外に、このデッキが無理というのがない。強いていえば、黒単デスザークとドルガン剣が辛いことが多いと思っている。

ロージアダンテとアナカラーシャコガイルは自分と相手の引きとテンポ、プレイヤースキル、構築に依存してくる。

ハンデスやゲイルヴェスパーは有利で、相手がクリーチャーを処理しきれずに勝てる場合が多い。

ミラー対面は正直、やりたくない。