ジョーカーズ対策として話題沸騰中の「偶発と弾幕の要塞」の魅力を解説[デュエルマスターズ]

ジョーカーズ対策として話題沸騰中の「偶発と弾幕の要塞」の魅力を解説

現在の殿堂環境はぶっち切りで純正ジョーカーズが頂点に立っているので、そろそろお灸を据えてやらんとばかりにプレイヤー達が対策に乗り始めている。

その結果、「カナシミドミノ」、「キラードン」、「G・W・D」等のカード達が発掘されて今まで使われていなかったが当たり前のように使用されている。

デッキタイプで言えばアナカラーシャコガイルと青黒ハンデスが挙げられる。

墓地ソースなども対策になるだろうか。

そこで、今回はさらにジョーカーズに対してメタを貼りながらもあらゆるデッキタイプに対しても勝てる可能性があるデッキタイプとそれを支えるカードが注目されているので、そのキーカードを紹介しよう。

偶発と弾幕の要塞

偶発と弾幕の要塞

そのキーカードとなるのはズバリ「偶発と弾幕の要塞」である。

効果はコスト5で山札からクリーチャーが出るまで表向きにして、その出たクリーチャーよりパワーが小さいクリーチャーを全て破壊した後に、表向きにしたカード全てを墓地に置くという呪文だ。

ではこのカードのどこが素晴らしいかを挙げていこう。

  • コスト5とそこそこお手軽で主にジョーカーズといった小型クリーチャーを横並びにするデッキに対してちょうど良いくらいのタイミングで唱えることができる
  • 擬似的な墓地肥やしにもなったりする
  • 文明が火と水なので他の文明と組み合わせやすい

まあこのカード単体で見たときの主な利点はこれくらいだろう。

「悠久を統べる者フォーエバー・プリンセス」との相性

悠久を統べる者フォーエバー・プリンセス

昔も同じようなコンボを使ったデッキはあったのでご存知の人も多いかもしれないが、自らの山札を削る「偶発と弾幕の要塞」が墓地に送られた時かわりに墓地のカードを全て山札に戻せる「フォーエバー・プリンセス」と相性がいいのだ。

パワーが8000とそこはかとなく高い点と複数枚積んでるだけで”山札切れ”で負けるという心配もなくなるのがまたいい。

「サイバーダイスベガス」や「ジョリーザジョニーJoe」というカードの存在

まずは、「サイバーダイスベガス」から唱えることができるという点が「偶発と弾幕の要塞」の強い部分の一つだろう。

これさえバトルゾーンに立てておけばジョーカーズは「ジョジョジョマキシマム」を2枚使うか、「ジョットガンジョラゴンJoe」で合計コスト5以上を出さないと非常に攻撃しづらい状況になる。

やはりドローソース兼トリガーとしても強いのでとりあえず入れときたい。

「ジョリーザジョニーJoe」はパワーが19000あるので「偶発と弾幕の要塞」からめくれたらほとんどの場合に場のクリーチャー全てを破壊できるのと「偶発と弾幕の要塞」で全体除去した後に「ジョリーザジョニーJoe」でEXWINを狙えることから相性がいいのがわかるだろう。

これは「シャコガイル」でも同じようなことができるのでデッキで選択してほしい。

最後に

全体除去とリソース確保に長けているシータカラーで「偶発と弾幕の要塞」が使われていることが多いが、巷ではハンデスと合わせた悠久コントロールというのもあるとかないとか。

全体除去として優秀なので、除去札の採用枠に一つの候補に入れることができると考えている。新くなったコントロールデッキの弾幕ジョリーを握って見てはいかがだろうか。