青緑ジャックティガウォックのCS優勝デッキレシピ解説[デュエルマスターズ]

青緑ジャックティガウォックのCS優勝デッキレシピ解説

デッキレシピ

青緑ジャックティガウォック

今回紹介するのは、今まで全く存在していなかったデッキタイプで優勝した、青緑ジャックティガウォックだ。

簡単にデッキの回し方や重要なカード紹介をしていこう。

  • ベイBジャック
  • 薫風妖精コートニー
  • 月光電人オボロカゲロウ
  • アクア忍者ライヤ
  • 絶海の虎将ティガウォック

このデッキの核となるパーツ達であり、減らす理由は無いだろう。

コートニーでマナゾーンを全文明に染色した後にオボロカゲロウで5枚入れ替え、そのままティガウォックで手札補充していくことでこのデッキは動き始める。

ベイBジャックがいる時に1マナティガウォックを召喚、ティガウォックをタップしてライヤを召喚しティガウォックをバウンス、ライヤをタップしてティガウォックを召喚。

上記の動き方で手札を増やしていく。


妖精の裏技ラララライフ

  • 妖精の裏技ラララライフ
  • D2S皇帝ワルスラ

このカード達はG0で使えるためマナが増える。

ラララライフはマナが増えるため、天秤やトラブルアルケミストの召喚に役立つだろう。

皇帝ワルスラは自分のクリーチャーがアタックされなくなるため、伝説のレジェンドドギラゴン等のケアになったり、アパッチウララーが特攻して打点を増やす動きの抑制になっている。


偽りの名iFormulaX

  • 偽りの名iFormulaX
  • 困惑の影トラブル・アルケミスト
  • 攻守の天秤

このデッキのフィニッシャーだ。

基本的にiFormulaXのエクストラウィンを狙いに行くデッキタイプのため、トラブルアルケミストの効果はメリットとなる。

iFormulaXを召喚する際に攻守の天秤を使い、盤面に並べたクリーチャー達をマナコストとして使っていく。

トラブルアルケミストが盾落ちしてしまっても手札の枚数が足りることは多々あるので気にならないだろう。

iFormulaXが盾落ちした場合はティガウォックを並べ殴るプランをとる。


クロック

  • 終末の時計 ザ・クロック
  • チャケの応援

この二種がこのデッキのメインの受け札である。

クロックは言わずもがな、青が入るデッキにはほぼ確定でこのカードは入っている誰もが認めるクリーチャートリガーだ。

チャケの応援はこのターンの間、クリーチャーはプレイヤーを攻撃出来なくなるという効果なので実質クロックとしての役割を持っている。

緑マナが重要なこのデッキでは手札に来てもマナゾーンに置くことでベイBジャックやコートニーの召喚用マナになってくれるため非常に強いカードだ。

基本的な回し方

理想の動きとしては

[1ターン目]

  • ベイBジャックを召喚

[2ターン目]

  • コートニーを召喚

[3ターン目]

  • オボロカゲロウを召喚し、ティガウォックを1マナまで軽減し、ティガウォックを召喚。
  • 手札を潤していく。
  • そしてアクア忍者ライヤや2枚目のティガウォック等を手札に呼び込みデッキを掘っていく。
  • ある程度デッキを掘り進め、クリーチャーを並べたところで攻守の天秤を発動。
  • クリーチャーをすべて起き上がらせ、iFormulaXを召喚。
  • 適当にiFormulaXをタップして何かアクションを取り、エクストラウィン。

という3ターンキルデッキになっている。

毎回こんなうまくは決まらないが、未来設計図等でクリーチャーをサーチしに行っても4ターンキルが成立してしまうため環境外からの刺客として、かなりのデッキパワーを誇っている。

実際にこのデッキの調整としてジョーカーズや赤青バスターで対戦していたが、ドルガンチュリスからの革命チェンジドギラゴンバスター、アパッチウララーの動きを取ったとしてもクロックを踏んでしまうと相手は増えた手札からエクストラウィンをしてしまうためかなり強力だった。

こっそりジョバンニスコールを使った際も敗北してしまったため、ベイBジャックがプレミアム殿堂入りしてしまっても殿堂ゼロ等のイベントで活躍出来るだろう。

過去、あれだけ環境を荒らし続けたベイBジャックは最近はドルガンバスターに勝利できない等の理由で影を潜めていたが、最後の最後で新デッキを生み出し環境を荒らしてくれた。

ドギラゴンバスターの対策方法を紹介[デュエルマスターズ]
今回は今できるドギラゴン剣の対策や「ドルガンバスター」の対策となるカードをご紹介。