勇鬼ヒャクバイザー高騰理由考察【デュエルマスターズ】



勇鬼ヒャクバイザー高騰理由考察

現在「勇鬼 ヒャクバイザー」が高騰している。

「勇鬼 ヒャクバイザー」とは雑誌の付録カードで現在プロモーションカードしか出回っていない。

勇鬼 ヒャクバイザー
火文明
6コスト
レッド・コマンド・ドラゴン/ハンター/エイリアン
パワー5000

  • スピードアタッカー
  • このクリーチャーがアタックする時、相手とガチンコ・ジャッジする。自分が勝ったら、自分の山札を見る。その中からドラゴンを1体選び、相手に見せてから自分の手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。

まず注目してもらいたい部分が種族とコストだ。

6コストでレッド・コマンド・ドラゴンとハンター、エイリアンを持っている。

5コスト以上で火のドラゴン持ち。

感のいい人はわかるだろう。

「蒼き団長 ドギラゴン剣」と相性が良いのだ。

しかも攻撃時にガチンコ・ジャッジの勝敗によるが「蒼き団長 ドギラゴン剣」をデッキから回収できる。

注意:攻撃時に回収した「蒼き団長 ドギラゴン剣」などの革命チェンジはタイミングを逃しているので革命チェンジすることはできない。

あと1枚しか、ブレイクできない点も良い点だ。

なぜならシールド・トリガーを使われる確率が少しでも減り「勇鬼 ヒャクバイザー」の生存率が上がるからだ。

またテクニックとして

「勇鬼 ヒャクバイザー」の効果とハンドキープで「音精 ラフルル」「蒼き団長 ドギラゴン剣」とスピードアタッカー持ち又は多色のクリーチャーを持っておく。

「勇鬼 ヒャクバイザー」で1枚ブレイクしてあるので相手のシールドは4枚なので、次のターンにスピードアタッカー持ち又は多色のクリーチャーを召喚。

「勇鬼 ヒャクバイザー」攻撃時「蒼き団長 ドギラゴン剣」に革命チェンジ。

「蒼き団長 ドギラゴン剣」の効果で「音精 ラフルル」をバトルゾーンへ。

これで「蒼き団長 ドギラゴン剣」で3枚。「音精 ラフルル」で1枚。
スピードアタッカー又は多色のクリーチャーでダイレクトアタックまで到達することが可能である。

「勇鬼 ヒャクバイザー」のサーチ能力があるからこのプランも取りやすい。



勇鬼 ヒャクバイザー採用デッキ種類

「勇鬼 ヒャクバイザー」はどのようなデッキに入るのか。

筆者は赤黒バスターと言われる火文明と闇文明を主体として「蒼き団長 ドギラゴン剣」を使ったデッキをオススメする。

理由としてはこのデッキには「ボルシャック・ドギラゴン」が採用される。

その為、「ボルシャック・ドギラゴン」を回収する動きが強い。

また「勇鬼 ヒャクバイザー」自身も火のクリーチャーなので「ボルシャック・ドギラゴン」の革命0トリガーの対象になる。

関東のCSで優勝したこともあるこのデッキなら「勇鬼 ヒャクバイザー」の効果を最大限に発揮できるだろう。

勇鬼 ヒャクバイザー現在の値段

現在、「勇鬼 ヒャクバイザー」の値段は700円近くから1000円近くまで上昇ししている。

また新しく「龍装チュリス」というカードで赤黒バスターは強化される。

今のうちに買っておいた方が良いのかもしれない。