怒流牙 サイゾウミストの高騰理由考察【デュエルマスターズ】

怒流牙 サイゾウミストの高騰理由考察

クロニクルレガシーデッキ公開後DM界に新たな忍者たちが誕生した。

当初色々なデッキ案が上がったがその中で生き残りをみせた

「怒流牙 サイゾウミスト」が高騰している。

そもそも「怒流牙 サイゾウミスト」とはどのような効果なのだろうか

怒流牙サイゾウミスト
水/光/自然文明
ジャイアント/シノビ
7コスト
パワー7000

■ダブルブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の墓地にあるカードをすべて山札に加えてシャッフルする。その後、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置く。次の自分のターンのはじめに、自分のシールドゾーンを1つ、マナゾーンに置く。

なんといっても強いのはニンジャ・ストライクを使って山札をシャッフルし盾に落とす効果だ。

これを使いシールドを1枚増やすことによって相手にシールドトリガーの恐怖と1打点失わすことが可能である。

また自分のターンに7マナ支払い召喚しても山札が回復するので「ヴォルグ・サンダー」による山札削りをケアすることができる。

あまり知られていないシークレットテクニックではあるがドギラゴン剣と組み合わせると

火or自然の5コスドラゴン攻撃時革命チェンジでドギラゴン剣

→効果で「勝利のアパッチ・ウララー」を出す。効果を使い「勝利のリュウセイ・カイザー」を出すとする。

この状態で相手のシールドは5枚、ぎりぎりダイレクトアタックまで届くが

相手の手札に「光牙忍ハヤブサマル」があり、「勝利のリュウセイ・カイザー」がブロックされた。

そんな時に痒いところに手が届くカードが「怒牙忍 サイゾウミスト」

相手がブロックした時にこちらもニンジャストライクで召喚。

こいつ自身はWブレイカーなので「勝利のリュウセイ・カイザー」の代わりに2点与えることが可能である。

このカードが最大枚数投入されやすいデッキが「SSTブライゼシュート」だ。

デッキの動きがはこうだ。

「黒神龍 ブライゼナーガ」をバトルゾーンに出す。

「コクーン・シャナバガン」「爆殺‼覇悪怒楽苦」などをトリガーさせ

マナゾーンやデッキの上から「偽りの王 ヴィルヘルム」や「偽りの王 モーツァルト」「勝利宣言 鬼丸「覇」」などを呼び出す。

そして

このデッキの「コクーン・シャナバガン」と「怒流牙 サイゾウミスト」は相性抜群。

「コクーン・シャナバガン」を使い大型クリーチャーをマナに落とすと共にサイゾウミストを回収できる。

また「怒流牙 サイゾウミスト」で山札を墓地と合わせてシャッフルするため墓地に落ちたSSTなどを合わせてシールドトリガーのヒット率があがる。

かなりのポテンシャルの高いデッキに組み込まれた「怒流牙 サイゾウミスト」その値段は・・・

1枚500円から600円

皆さんも是非「怒流牙 サイゾウミスト」を購入し「SSTブライゼシュート」を組んでみてはいかがですか。