GP5THベスト8:ジャスティスループデッキを製作者様本人が解説【デュエルマスターズ】



GP5thベスト8!ジャスティスループデッキレシピ

注:超次元ゾーンのカードがありませんが使用したカードは下記のとおり

  • 「ブーストグレンオー」
  • 「サンダーティーガー」
  • 「時空の霊魔 シュヴァル」
  • 「シルバーヴォルグ」
  • 「勝利のプリンプリン」×2
  • 「イオの伝道師 ガガパックン」
  • 「時空の踊り子 マティーニ」

こちらはGP5thでベスト8の成績を残したジャスティスループ。
今回このデッキを握るにあたっての解説。

環境について

GPでは8試合行われる予選で全勝か7-1でないと通過が出来ず、2敗ラインではオポが発生しますが今回はbyeの獲得者が多いのでbyeを含め6-2したプレイヤーしか本戦へ上がれないと読んた。

なので8試合中7試合勝つ事の出来る様にしなければならない。そこで今回は母数の多い順に、

  • Tier1 NEXT
  • Tier2 クローシス剣、白緑メタリカ、レッドゾーン
  • Tier3 赤青ブランド、青緑デュエランド 、赤黒ドルマゲドン、青白orドロマーロージア

と予想して、予選でTier1には3〜4回Tier2には2〜4回Tier3には1〜2回当たると想定。

その中でジャスティスは上記のデッキ群の中で不利対面はNEXTと赤青ブランドのみ。

なので当たり方が順当にNEXTと3回、Tier2とそれぞれ1回ずつ、残りの2戦がTier3のどれか、でいけばTier3群から赤青ブランドとの対面さえ回避出来ればメタリカ以外の7試合を勝つ前提で行くと本戦へ進むことが出来る。

よってジャスティスを選択した。



ジャスティスループ構築について

最近のジャスティスは使われるカードは一緒だけど採用枚数が人によって変わるという事が多いので、今回自分が特にこだわった枚数や採用したカードを紹介。

【邪眼右神 ニューオーダー】×2
【ロストソウル】×2

  • ここの4枠は最初「ブライゼ」×2「ニューオーダー」×1「ロストソウル」×1だったが、どの対面もほとんどジャスティス1枚からのフィニッシュを持って行く事が多い為「ニューオーダー」や「ロストソウル」が盾に落ちた場合「ブライゼ」を出したとしても、「ジャスティス」のストックを減らさないトリガーと手札のカードを捨てれるトリガーが同時に埋まってないとダメだったのでそもそも盾に埋まらないようにそれぞれ2枚ずつ採用。

【超次元の手 ホワイト・ブラックホール】×1

  • ここの枠は無限ループに入った場合のフィニッシュとなるカードなのだが、一般的に流行っている「ガロウズホール」と違い単体で4t目に撃つ事が出来てその際にシールドを相対的に強くしやすい効果に加えて、小型クリーチャーの除去、ブロッカーの準備、プリンによる足止めといった時間を稼ぐには有効な1枚であり、微不利のレッドゾーンに対して先攻であれば盤面とシールドに触れるのは特に重要だと思ったので今回は「ホワブラ」を採用。
  • 「ガロウズ」の場合は赤黒ドルマゲドンを相手にした場合にテキサスストームとニューオーダーによるダイレクトアタックを狙うプランの場合は「キザム」と「ドルブロ」を同時に踏んでしまった場合の回答になるので一長一短ではある。

【クリスタル・メモリー】×1

  • 今回のジャスティスであれば1枚しか「ジャスティス」を引く必要がないので不採用でもいいかもしれないが、「ジャスティス」の効果を使って山札を圧縮してる時に山の構成が5の倍数+1でボトムに「知新」がある場合ライブラリアウトを起こしてしまうのでそう言った時に「メモリー」を使う事で山を減らさずにシャッフルする事が出来るので採用。
  • 枠の関係上1枚になってしまいましたがいぶし銀の活躍をした。

【超魔道書グリモア第Ⅰ章】×4

  • 「サイバーチューン」と合わせて手札を引いて捨てる呪文を合計8枚採用したかったのだがここは「エマージェンシー・タイフーン」と非常に枠を悩んた。
  • 今回出るのはGPなので絶対にNEXTと当たる事の多い大会なのでNEXTと当たり先に相手に「NEXT」から「ハートバーン」を着地された時にシールドに「ウェディングゲート」と「光魂GO!」が埋まってなかった場合「ガイNEXT」のトリプルブレイクに合わせて「グリモア」がトリガーするとジャスキルを防ぐ事が出来るのでこちらに軍配が上がった。
  • 実際にスーパー・S・トリガーが役に立ち拾えたゲームがあったので良かったと思う。

~超次元ゾーン~

【時空の霊魔 シュヴァル】

  • 1枚の「ジャスティス」からフィニッシュを狙った際に最初の「ジャスティス」効果で「インフェルノサイン」などを唱え2体目を出して2体目の効果でストックを減らさない呪文が見えなかった場合もこの呪文から「シュヴァル」を出す事で次の相手のターンの始めに「シューヴェルト」へ覚醒する事ができる。
  • 「シューヴェルト」は相手クリーチャーがバトルゾーンに出た時にシールドを追加する事が出来るので相性は悪くない。

【ブーストグレンオー】
【サンダー・ティーガー】

  • これは相手の小型クリーチャーを蹴散らす為に入れていますがそれぞれに「グレンオー」は赤白レッドゾーンのオリオティスを破壊でき、「ティーガー」は上記の「シュヴァル」との兼ね合いで覚醒条件を満たすためのデーモン・コマンドを持っていたりと細かな役割の違いがある。

【シルバー・ヴォルグ】

  • 出せるブロッカーの中で一番大きなサイズのブロッカー。
  • 名前にヴォルグとありますがデーモン・コマンドを持っていないので「シュヴァル」の条件は満たせないので注意。

【勝利のプリンプリン】×2

  • 単純に最も汎用性が高いので2枚採用。
  • 特に「シャッフ」の5や6の宣言に対してこのカードを使って動きを止めるのは強力。

【イオの伝道師ガガ・パックン】

  • このカードはミラーマッチや青白ロージアやドロマーロージアなど呪文から展開してくるデッキに対して「勝利リュウセイ」に近い働きをしてくれる。

【時空の踊り子 マティーニ】

  • こちら側の面では非力なブロッカーですが、このデッキでは「シルバーヴォルグ」出すだけで覚醒する事が出来る。
  • 「ホワブラ」からこのクリーチャーを出し、次ターン相手クリーチャーのシールドブレイクから「光魂GO!」→「知新」→「ホワブラ」「シルバーヴォルグ」で「ユリアマティーナ」へ覚醒する動きも決して狙えないわけではないので採用。

ジャスティスループ戦績

【予選】

  • 1戦目 モルトNEXT 負け
  • 2戦目 青黒ハンデス 勝ち
  • 3戦目 モルトNEXT 勝ち
  • 4戦目 デュエランド 勝ち
  • 5戦目 モルトNEXT 勝ち
  • 6戦目 成長ミラダンテ 勝ち
  • 7戦目 モルトNEXT 勝ち
  • 8戦目 5cジョリー 勝ち

【本戦】

  • 1戦目 モルトNEXT 勝ち
  • 2戦目 モルトNEXT 勝ち
  • 3戦目 クローシス剣 勝ち
  • 4戦目 白緑ベイBジャック 勝ち
  • 5戦目 青白ロージア 負け

初戦のNEXTは落としてしまいましたが以降予選中は不利対面とは当たらず、本戦はトーナメントなのでどこまで不利対面に当たらず勝てるかなので運の要素が大きいが、本戦へ進む事が出来たのは環境読みが見事に的中したと思う。