シノビドルゲーザーの優勝デッキレシピ構築を徹底的に考察!【デュエルマスターズ】



公認大会優勝!シノビドルゲ紹介徹底解説!

デュエルマスターズプレイヤーのみんな!

こんにちは(/・ω・)/

今回は、公認大会で優勝した、シノビドルゲの紹介をしたいと思います!

■大会概要


公認大会

■戦績


一戦目 トリーヴァダンテ○

二戦目 緑単グランセクト○

三戦目 緑t赤黒サソリス○

四戦目 青白ロージアダンテ○

決勝戦 青黒ハンデス○

■デッキレシピ


製作者:みるざむ(故)様

〜みるざむ様のこのデッキを握られての感想〜

プレイング次第では十分環境デッキと戦えます。

単騎が規制されれば大分戦い易いです。



デッキの回し方


動き方の例(毎ターンマナチャージは行うものとする。)

後ほど、詳しく紹介しますが、ここで簡単に紹介したいと思います!

1ターン目 トレジャーマップ(ジャスミンサーチ)。

2ターン目 ジャスミンを召喚&破壊で1ブースト。

3ターン目 西南の超人を召喚。

4ターン目 ドルゲーザを召喚。3枚ドロー。

5ターン目 G・0条件を達成しつつ出来る限りドルゲユキムラをサーチ&召喚しラフルルを絡め1ショット。

1ターン目 無し。

2ターン目 トレジャーマップ(ジャスミンサーチ)

3ターン目 ジャスミンを召喚&破壊で1ブースト。

4ターン目 佐助の超人を召喚。1ドロー1捨て1ブースト。

5ターン目 ドルゲーザを召喚。4枚ドロー

6ターン目 G・0条件を達成しつつ出来る限りドルゲユキムラをサーチ&召喚しラフルルを絡め1ショット。

■プレイング解説

【序盤】

やる事が無い時は多色を積極的にチャージしましょう。(主にドルゲユキムラ、ラフルル)

※ただしドルゲーザは中盤必須になって来ますので、複数枚持っている場合のみチャージする事にしましょう。

※佐助に関してはコストが低い為チャージの優先度としては高くありません。(西南が手札にある場合はチャージしてもok)

・トレジャーマップについて(扱いが非常に難しいです)

パターン1(手札にジャスミン、アナリスが無い場合)

基本的には最速で唱えて引きに行きましょう。ただし、ここで西南をチャージして引きに行くのは駄目です。

基本的には→ジャスミン

手札に水単札がある場合→アナリス

ジャスミン、アナリスが引けなかった場合→デスマッチ

vs赤白バイクの場合→デスマッチ

●パターン2(手札にジャスミン、アナリスがある場合)

優先すべきは2コスト>トレジャーマップです。

だたし、優先的にマナに置くと言う訳では無いです。

ジャスミン、アナリスが2ターン目に出せるならば1ターン目に唱えましょう。この時にサーチするのは西南、ドルゲーザ、佐助、デスマッチ(手札に無い札、4コス優先)です。

・ジャスミン、アナリス、デスマッチについて
優先度はアナリス>ジャスミン>デスマッチです。

ジャスミン、アナリスは2ターン目に使って1ブーストさせましょう。こうする事で4コストの西南、佐助を3ターン目に出す事が出来ます。

デスマッチはジャスミン、アナリス、トレジャーマップが無い時の初動として使います。

手札に多色が多い場合→デスマッチは3ターン目に出す事をお勧めします。2ターン目に出すのも3ターン目に出すのもこいつに至っては同じ様な物なので。

例外は、vs赤白バイクの時です。
この時は、2ターン目にデスマッチを出しましょう。(これに関してはどの初動よりもデスマッチが優先されます。)


【中盤】

トレジャーマップ(サーチ)、吸い込む(サーチ)、西南(コスト軽減)、佐助(コスト軽減&ブースト)を使ってドルゲーザに繋げ大量ドローを行います。

4コス札の優先順位について

西南の超人>怒流牙佐助の超人>土隠雲の超人≧ドンドン吸い込むナウ です。

■怒流牙佐助の超人について

ブースト効果を使う時は基本的に多色を埋めましょう。

ただし、トレジャーマップが手札にあり尚且つドルゲーザが手札に無いと言う時は自然単色をブーストしてトレジャーマップを唱えましょう。

■土隠雲の超人について

場に西南を含むジャイアントが2体以上居て尚且つ強引にユキムラのG・0を達成させる場合→自身で自身を引き、最後にユキムラを引いて来ましょう。

手札に西南、佐助が無い場合→佐助を引いて来ましょう。


【終盤】

トレジャーマップ(サーチ)、土隠(サーチ)、ドルゲーザ(大量ドロー)を行い出来る限りドルゲユキムラを引いて来ます。

G・0で大量のドルゲユキムラを出し、ラフルルを出来る限り絡めて1ショットを狙います。

・ドルゲユキムラについて

マナから回収するべき札 バイケン&佐助(防御札)、ハヤブサマル(防御札)、ドルゲユキムラ(打点強増用)、ラフルル(フィニッシャー)

マナに置くべき札(佐助のニンジャストライクの為にも最低限5マナになる様に置きましょう) ジャスミン、アナリス、その他被り札

召喚酔いしているクリーチャーから進化するのが望ましい。

召喚酔いをしてい無い佐助から進化するのは他に選択肢が無い場合を除きしてはいけない。(佐助はラフルルにチェンジする為)

・ラフルルについて

佐助(または佐助が進化元のドルゲユキムラ)からチェンジするのが望ましい。

■有利不利対面

【モルトNEXT】(微不利)

メンデル2ブーストされたら大分厳しい。スクチェンNEXTもキツイ。

自分先行&相手メンデル失敗&自分2ターン目1ブーストで微有利になる。

【ハンデス】(微不利)

学校男、デモンズ、パクリオを多く採用している型だと大分厳しい。

それ以外だとデスマッチ、バイケンを使えば微有利に持って行ける。

【赤青レッドゾーン】

先行を取りましょう(重要)。

2ターン目に1ブースト出来ても微不利って感じです。

単騎出されたら諦めましょう。デスマッチは3ターン目までには出しましょう。

【赤白レッドゾーン】

先行を取りましょう(超重要)

2ターン目にデスマッチを出す事に成功して微有利って感じです。

【クローシス剣】

先行を取って魔狼月下城を打たれなければ大体勝てます。(バイケンがあるとはいえキツイ)

ブサマル以外の防御札は全て呪文なのでラフルルは絶対に出しましょう。

【霊峰剣】

先行を取ったもん勝ちです。

【ジョーカーズ】

先行を取りましょう(重要)

速攻で攻められた場合は結構厳しいです。先攻ヤッタレ→ニヤリー(ナッシング回収)されたら諦めましょう。
先行を取って微有利って感じです。

【青白ロージアダンテ】

微有利です。盾にカーネルが埋まっててもゴリ押しで行けます。

ホーリー&ジェイルハウスロックは知らない。

【ドロマーロージア】

デモンズ、魔狼月下城がキツイです。

デスマッチを使えば有利に戦えます。墳墓にも気を付けましょう

【トリーヴァダンテ】

微有利です。デスマッチで足止めしつつ、過剰打点でゴリ押しをする事が大切です。

【チェイングラスパー】

先行を取れば微有利、後攻で微不利って感じです。ギョギョウでロックして来る事があるのでロックされる前にクリーチャーは出来る限り横並びさせておきましょう。

【赤黒廃車】

不利。タイガニトロが出る前にドルゲーザで大量ドローをする事が出来れば微有利になります。

【青白サザン】

微有利。オリオティスを意識してマナ加速を積極的に行う事が大切です。

【赤青ブランド】

無理。先行取っても勝てないです。

【悠久チェンジ】

微有利。パクリオを複数回使われると不利になります。ラフルルが重要。

■デッキ改造案

●増量

【デスマッチビートル】

2枚だと少ないので3枚に増量した方が良いです。4枚入れないのは2ターン目に必ず出したいと言うカードでは無いのとトレジャーマップを考慮しています。

【罠の超人】

除去札が吸い込む×2しか無いので防御札兼除去札として採用した方が良い札。入れるなら最低限2枚は欲しい。

【剛撃戦攻ドルゲーザ】

4枚あると大分安定します。トレジャーマップで引けるとはいえ3枚は若干少ない。

●減量

【土隠雲の超人】

4枚は多すぎる。2~3枚で良いです。

【電脳鎧冑アナリス】

多色の初動は使いにくい為もしかしたら全抜きもあり得ます。

【ドンドン吸い込むナウ】

トレジャーマップと若干役割が被っているカード。単騎で詰んでしまうが全抜きもアリかもしれない。

【光牙忍ハヤブサマル】

役割が佐助&バイケンと被っている為抜いても良い札。

●採用を見送ったカード

【怒流牙サイゾウミスト】

多色、ニンジャストライク7なのでデッキコンセプト的に相性が悪い為不採用。

【Dの牢閣メメント守神宮】

サイゾウミストが不採用の為サイゾウミストと相性の良いこちらも不採用。
入れても良いが入れる場合は最低でも3枚。

しかし、サイゾウミストを不採用にしている為光マナ不足になりハンドで腐る可能性があります。

【呪紋のカルマインカ】

西南で軽減出来ない為ハンドに来ても出せるマナが足りないと言う事になりかねない為不採用。
フェアリーライフ トレジャーマップで引けない為不採用。

■カード解説

【終の怒流牙ドルゲユキムラ】×4

コンセプトが数体のユキムラを踏み倒して1ショットなので4枚確定。

【剛撃戦攻ドルゲーザ】×3

効果説明
まず、ドルゲーザの効果をしっかり知らない人ももしかしたらいらっしゃるかもしれないので、紹介したいと思います。

※種族にジャイアント、アースイーター両方を持っているクリーチャーの扱い

コスト軽減の場合 両方持っているクリーチャーが居てもコストは1しか軽減されません。
ドローの場合 両方持っているクリーチャーが居る場合、ジャイアントで1枚。アースイーターで1枚。計2枚ドローする事が出来ます。

採用理由
ドローソース。アホみたいにドローして、次ターンの動きを安定させたりフィニッシャーのドルゲユキムラ、ラフルルに繋げ易くなります。

【西南の超人】×4

ドルゲユキムラのG・0条件達成には欠かせないコスト軽減を持っている為4枚確定。自身がジャイアント持ちなのもgood。

【怒流牙佐助の超人】×4

素出ししても強い忍者でバイケンと一緒に青枠補充札として採用。役割が多い為4枚確定。
ドルゲーザ及びドルゲユキムラの補助、バイケンと合わせれば防御札にもなる点もgood。

【霧隠蒼頭龍バイケン】×4

採用理由
佐助の超人と一緒に青枠補充札として採用。
手札にある佐助の超人を腐らせない為4枚確定。単体でハンデス対策札になるのもgood。

【土隠雲の超人】×4

シノビのサーチ(主にドルゲユキムラ)として採用。自身で自身を持って来てドルゲユキムラのG・0を強引に達成する事も可能。

強引にドルゲユキムラにすると、本来遅いはずのこのデッキでも、早々に終わらせることができます。

【トレジャーマップ】×4

前中後半腐らない優秀な札なので4枚確定。

【霞み妖精ジャスミン】×4

トレジャーマップで引ける1ブーストカードとして採用。3ターン目に西南や佐助を出す為にも4枚確定。

【デスマッチビートル】×2

メタカード。初動にカウント出来るジャイアントとして、バスターなどにも少し強く出れたりするという点から採用。

【電脳鎧冑アナリス】×2

トレジャーマップで引ける1ブーストカードとして採用。後半もジャイアントとしてユキムラの補助をしたり1ドローしたりと優秀。
しかし多色の為、事故率軽減を考慮し2枚だけの採用となっています。

【音精ラフルル】×2

相手の呪文のSTを封じ、1ショットをし易くする札。後半1枚あれば十分な為2枚だけ採用。

引ければいいから1枚採用の方もいらっしゃいます。
そこは、各自調整でいいと思いますが、個人的には、土隠雲の超人が入っていれば2枚がいいのかなぁと思います。

【ドンドン吸い込むナウ】×2

手札にあっても盾にあっても強い札で、単騎込みの1ショットで詰まない様にする為採用。

【光牙忍ハヤブサマル】×1

防御札。殿堂な為1枚だけの採用となっています。


っはい。このデッキは、守りが硬く、攻める時は、ラフルルを絡めて殴れるし、ドルゲユキムラのクロニクルデッキ買った方は、ぜひ組むべきだと思います!

シノビドルゲにも、いろいろな型があるので、ぜひ組んでみてください!

っはい!というわけで今回は、シノビドルゲの紹介でしたー!

ご閲覧ありがとうございましたー(/・ω・)/