【高騰・解説】「ほめほめ老/ホメホメ老句」が大高騰!!その強さについて

【高騰・解説】「ほめほめ老/ホメホメ老句」が大高騰!!その強さについて

夢の最&強ツインパクト超No.1パックに収録してる「ほめほめ老/ホメホメ老句」を採用した赤黒墓地ソースが入賞した結果、そこから「ほめほめ老/ホメホメ老句」を使う人が増加し高騰することになった。

今回は絶賛高騰中の「ほめほめ老/ホメホメ老句」について紹介しましょう。

「ほめほめ老/ホメホメ老句」

「ほめほめ老/ホメホメ老句」とは

ほめほめ老/ホメホメ老句

クリーチャー側はスマッシュバーストとJOE、スピードアタッカーを持っている。

呪文側は3枚引いて相手に2枚選ばせて捨てる、少し運要素を兼ねた手札入れ替え系のカードです。

普通に使おうと思ったらジョラゴンジョーカーズに採用し序盤は2コストの手札入れ替えとして、後半はクリーチャー側を使いスマッシュバーストでジョラゴンビックワンのために利用するというコンセプトが見える。

それだけだとここまで高騰する原因にはならなそうだが、どうして高騰にまでいったのでしょうか。

「ほめほめ老/ホメホメ老句」の高騰とその強さ

暴走龍5000GT

一気に高騰した原因は最初に言ったように赤黒墓地ソースというデッキが環境で流行したことです。

「ほめほめ老/ホメホメ老句」が手に入りやすいならここまで高騰はしなかったでしょう。

問題は収録されている夢の最&強ツインパクト超No.1パックの1箱に5分の2の確率で封入している当たらない枠ということ、使うなら4枚必須というのが高騰に拍車をかけています。

そんなに高騰している「ほめほめ老/ホメホメ老句」の何がそんなに強いのか。簡単に言うと赤黒墓地ソースの特徴である墓地にクリーチャーを増やす、という行為がやりやすいからです。

2ターン目に3枚墓地にクリーチャーを増やせるのは墓地ソースとしては魅力的なのです。それだけではなく「アフロ行きま〜す!!」と合わせて初動が8枚になったこと、採用されている全てのカードが手札の枚数を減らさずに墓地を増せるので、デッキの安定感を増すことに成功したのが「ほめほめ老/ホメホメ老句」の強さだと思います。

最後に

今はまだ1枚2000円代ですが、これからさらにパックが売れてカードが出回る。

殿堂が施工されて新環境に移動するともうちょっと値段が落ち着いてくるはずなので、急ぎで作ろうと思っていないならば少し購入を見送っていいと思います。