【殿堂】魔道具ランドへようこそ!~新世壊エレクトリカルパレード~

【殿堂】魔道具ランドへようこそ!~新世壊エレクトリカルパレード~

最近、青黒魔道具というデッキタイプが流行しつつある。

ガリュミーズでドルスザクを大量展開しつつ追加ターンを得て安全に勝つ。

新世壊を主軸にしたこの構築だが、安心して勝つためにはメラヴォルガルが複数枚必要と要求値が若干高いのが難点である。

また、同型対決になった場合は相手の新世壊を処理する手段がなければ先攻を取らなければ負けてしまう焦燥感を覚えるなどなかなかに気難しいデッキでもある。

最終的にはシールドを触れなければいけないのも少し心配になる。

今回はそんな悩みを解決する魔道具デッキを紹介しよう。

デッキ概要

魔道具ランドへようこそ!

デッキレシピは以下の通り。

動きとしては青黒魔道具に近いが、青黒魔道具と違う点を紹介していこう。

デュエランド、堂々降臨。

このデッキの最大の特徴、それはフィニッシュ手段の違いにある。

対戦の最後を飾るのはこのカード。

自分はゲームに勝つ。この一言はとても魅力的である。ギュウジ……いや、何でもない。

今までデュエランドのデッキはこのエクストラウィンを達成させるために自然との多色カードを使って何とかマナをためて使っていたのだが、この役割を新世壊に任せてしまおうということである。

必要枚数も最小限に抑えることができるので、様々な種類の魔道具呪文を採用できるのも魅力だ。

デュエランドと青魔道具との親和性

デュエランドと青魔道具との親和性は、意外なほど高い。

  • ドローカードの豊富さによってキーカードの採用枚数を抑えられる
  • キーカードの採用枚数にスロットを割かないためカードの多様性に富む
  • フィニッシュ手段以外のカードのコストが低いため特殊勝利条件も満たしやすい
  • 単色構成のため行動が制限されづらい
  • 青黒魔道具と構成パーツが似ているためプレイングミスや判断ミスを誘いやすい

と、様々なメリットがあるのだ。

以下では、あまり見ないある魔道具の採用理由を記していく。

対新世壊用魔道具、エアヴォ

青黒魔道具ではあまり採用されていないこの魔道具は、魔道具唯一のカード指定除去となっている。対新世壊用カードとしては優秀な部類だ。

この手のカード指定除去は《龍脈術 落城の計》と比べられがちだが、新世壊の対象であるという利点を注目する意味で今回はこちらを採用している。使用感を考慮しながら採用枚数を調整してもいい。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回は青黒魔道具とはまた違ったアプローチのデッキを紹介した。

ゲームの外におけるこのデッキの利点は、このデッキが思いのほか安価で済むというのもある。

青黒魔道具の流行によってショップに見当たらないカードもあるかもしれない。そんな時はぜひこの魔道具ランドを思い出して組んでみてもらいたい。