【カード考察】ツインパクトが増えていく中で今後見ることが増えるかもしれないカード三選!

【カード考察】ツインパクトが増えていく中で今後見ることが増えるかもしれないカード三選!

1枚で2つの仕事を持つツインパクトカード。

あまりに便利なこのカード群は、新たに登場するたびに環境に大きな影響を与えている。

その中で、天雷の導士アヴァラルド公や拷問ロストマインドなど、過去のカードが再び脚光を浴びるケースも出てきた。

そこで今回は、今後ツインパクトが増えていく中で、相対的に強化されそうなカードをいくつか抜粋して紹介しようと思う。

※あくまで主観的なものになります。

カード紹介

改造治療院

改造治療院

【改造治療院】
闇文明 3コスト

  • S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
  • 相手は自身の手札を1枚選び、捨てる。
  • クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻す。

比較的新しいこのカード。
ジェニコの知らない世界から繋いでのハンデスコンボは周知されていると思うが、ゴースト・タッチのツインパクト化、そして今後も増えるであろう軽量呪文とクリーチャーを組み合わせたツインパクトカードの可能性を考えると、このカードの活躍機会は多いのではないだろうか。

虚構の影バトウ・ショルダー

虚構の影バトウ・ショルダー

【虚構の影バトウ・ショルダー】
闇文明 3コスト
ゴースト
パワー2000

  • 相手の呪文を唱えるコストは、相手の墓地にある呪文1枚につき1多くなる。

相手の墓地の呪文の数を参照するこのカードは、デッキによってはかなりのテンポアドバンテージを稼ぐことが可能だ。

そして環境のツインパクト化が進めば進むほど、その能力は大きな影響を与える。

除去を呪文頼りにしているデッキなどはこれ1枚で詰む…なんてことがあるかもしれない。

龍素記号Mj リンシャンカイホ

龍素記号Mj リンシャンカイホ

【龍素記号Mj リンシャンカイホ】
水文明 12コスト
クリスタル・コマンド・ドラゴン
パワー12000

  • このクリーチャーを召喚する時、自分の墓地にある呪文を好きな数、山札に加えてシャッフルしてもよい。こうして山札に加えた呪文1枚につき、このクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし、コストは1より少なくならない。
  • T・ブレイカー
  • 自分の水の呪文を唱えた時、バトルゾーンにあるカードを1枚選び、持ち主の手札に戻してもよい。

こちらは自身の墓地の呪文を参照し、デッキ回復を兼ねた軽減で召喚可能なクリーチャーだ。
類似した能力を持つ魔光帝フェルナンドⅦ世というカードもある。

デッキの中身を整えるか、大量展開を狙うか、用途で使い分けるのもありだろう。

まとめ

いかがだっただろうか。

今回紹介したのはほんの一例にすぎず、まだ見ぬカードが環境の変化により化ける機会も出てくるだろう。

みなさんにもぜひ、こうした新たな発見と喜びを感じてほしい。

【収録カード一覧】超超決戦!バラギアラ!!無敵オラオラ輪廻∞(リンフィニティ)
【収録カード一覧】超超決戦!バラギアラ!!無敵オラオラ輪廻∞(リンフィニティ) 超超決戦!バラギアラ!!無敵オラオラ輪廻∞(リンフィニティ...