「超煌ノ裁キダイヤモン将」紹介!ついに裁きの紋章はここまできた!

「超煌ノ裁キダイヤモン将」紹介!ついに裁きの紋章はここまできた!

今回紹介するカードはコロコロビック1ツアーで公開された、「超煌ノ裁キダイヤモン将」という新規裁きの紋章。

最終弾にふさわしい驚きと強力な効果を持っているので、みていこう。

「超煌ノ裁キダイヤモン将」とは

※反応まとめ記事は画像をタップ

超煌ノ裁キダイヤモン将

【超煌ノ裁キ ダイヤモン将】
光文明 4コスト
メタリカ/サバキスト/裁きの紋章
パワー4000

  • ブロッカー
  • このクリーチャーがバトルゾーンまたは自分のシールドゾーンに表向きであれば、自分の裁きの紋章を持つ呪文を唱えるコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。
  • 自分の裁きの紋章を持つ呪文を唱えた時、このクリーチャーがバトルゾーンまたは自分のシールドゾーンに表向きであれば、カードを1枚引いてもよい。
  • このクリーチャーが破壊された時、自分のシールド1つの上に表向きにして置く。(そのシールドの束は1つと数える)

ついにクリーチャーになってしまった裁きの紋章カードである。

バトルゾーンとシールドゾーンで表になってる時に効果が発動するという、今まで使い切りだった紋章とは大きく違う性質を持っている。

これによって、相手はシールドに表向きになっているこのカードをどうにかしなければならず、ブレイクすれば別のサバキZがほぼ確定で唱えられると考えればかなり強力だ。

「超煌ノ裁キダイヤモン将」は裁きの紋章のコスト軽減とドロー効果、そして破壊時にシールドにいく効果の3つで完結してうまくまとまっている点が優秀だ。

とくに裁きの紋章を唱えたら1枚ドローできる効果は、「ミストリエス」や「ロードリエス」等が強かったのを考えればやばいことがわかる。裁きの紋章主体デッキの弱点だった手札の枯渇を補えるようになる。

さらにブロッカーを持っているのおかげで、シールドにいくのが容易で、シールドにいった後には「煌世主サッヴァーク+」の踏み倒し条件を満たすのにも活躍する。

最後に

最終弾にふさわしい面白く、そして強い裁きの紋章が出るので、パックが発売した後のサッヴァーク軸デッキにどんな変化が出るのかが今から楽しみである。
【記事の作成者】

【収録カード一覧】超誕!! ツインヒーローデッキ80 (自然大暴走 VS 卍獄の虚無月)(超機兵 VS 聖剣神話†)
超誕!! ツインヒーローデッキ80 (自然大暴走 VS 卍獄の虚無月)(超機兵 VS 聖剣神話†)の収録カードを随時更新!2018年11月10日発売の超誕!! ツインヒーローデッキ80の収録カードを見逃すな!