【ファンデッキ】「赤緑スピーカー」を解説!~新弾で強化!ツインパクト盛りだくさん!~

【ファンデッキ】「赤緑スピーカー」を解説!~新弾で強化!ツインパクト盛りだくさん!~

ツインパクトの裁定で一時期注目を集めたロックSPKスピーカー。

今回は先日発売された最新弾「†ギラギラ†煌世主と終葬のQX!!」で強化されたデッキタイプ「赤緑スピーカー」を紹介していきたいと思う。

「赤緑スピーカー」

デッキ内容

赤緑スピーカー

デッキの特徴

このデッキはほとんどがツインパクトカードで構成されている。

理由としては、ロックSPKスピーカーの踏み倒し能力はコストを参照するが、その際ツインパクトカードの呪文面を参照することができるからだ。

一般的なロックSPKスピーカーのデッキは、ヘブンズフォースを入れた光火緑の3色で組まれることが多いが、色の安定性や、ビートジョッキーの種族恩恵を最大限利用するためにこのデッキは赤緑の2色で構成されている。

デッキの動かし方

3ターン目にダチッコチュリス→3コスト軽減でロックSPKスピーカーを1コストで出すという動き方がメインだが、一番隊チュチュリスやフェアリーギフトなども採用しているので、2〜3ターン目には高確率でロックSPKスピーカーを出せるというかなり安定した動きが可能となる。

ロックSPKスピーカーを出せれば、あとはトップの運勝負になる。しかし、このデッキは28枚がWブレイカーorTブレイカーなので、安定して中〜大型クリーチャーを数体出すことができる。

採用カード紹介

ダチッコ・チュリス

ダチッコ・チュリス

ロックSPKスピーカーを3ターン目に出すためのキーカード。

軽減枠としては、殿堂入りのフェアリーギフトが1枚、マナ加速としてレッツゴイチゴが4枚、このカードを3枚、一番隊チュチュリスを2枚採用しているが、この1枚の差は「同じターンに出せるか」を重視した枚数となっている。

これは2ターン目に一番隊チュチュリスを出すと、相手のターンにチュチュリスが破壊されてしまう危険性があるため、3ターン目にダチッコチュリス→ロックSPKスピーカーと動けるようにした構築である。

また、手札にロックSPKスピーカーがない場合、2ターン目にはカツラデランスの呪文面「アフロ行きま~す!!」でロックSPKスピーカーを探しに行ける。

同じ2コストでターンが被ってしまう一番隊チュチュリスは2枚ぐらいが妥当だろう。

メガブースト・チュリス/「ぶっ飛び特攻ッス!」

メガブースト・チュリス/「ぶっ飛び特攻ッス!」
新弾の注目カード。呪文面が2コストなので、自身をロックSPKスピーカーで出すことができる上、火のクリーチャーをスピードアタッカーにできる。

攻撃時にコスト5以下・ビートジョッキーのみという制限付きの展開能力も有している。BCヒットや轟車G突、ロックSPKスピーカーも出すことができるので、更なる打点供給ができる。

火文明はロックSPKスピーカーの文明の都合で必ず採用しなければならない文明である。火文明&ビートジョッキーの多いこのデッキとは 、まさに相性ピッタリのカードなのである。

カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」

カツラデランス/「アフロ行きま~す!!」
ジョーカーズと相性がいいカードではあるが、このデッキにはドローソースがほとんど入っておらず、ロックSPKスピーカーをサーチすることが難しい。

だかと言って未来設計図などのサーチカードを入れると、ロックSPKスピーカーで踏み倒すことができない。

このカードの呪文面「アフロ行きま~す!!」は先述の通りドローソースであり、クリーチャー面は純粋な打点となる。火と自然でドローソース兼打点となる唯一のカードであるため、このデッキにはぜひ採用したいカードである。

まとめ

たった1ターンで大型&中型クリーチャーが揃うだけでなく、メガブーストチュリスの登場により、強化されたこのデッキタイプ。

今後も優秀なツインパクトカードは続々登場することが予想されるので、強化されていくロックSPKスピーカーをこの機会に使ってみてはいかがだろうか。

【ファンデッキ】ファンデッキ一覧!デュエルマスターズのファンデッキの解説記事まとめ
デュエルマスターズのファンデッキレシピを随時更新!ガチ勢の方もエンジョイ勢の方も是非ご閲覧してみてください!