【殿堂】新感覚の自然ジョーカーズデッキレシピを解説!

【殿堂】新感覚の自然ジョーカーズデッキレシピを解説!

双極篇3弾†ギラギラ†煌世主(ギラメシア)と終葬のQX!!に初登場した自然ジョーカーズのデッキを今回は紹介しよう。

自然ジョーカーズ

デッキ内容

自然ジョーカーズ

デッキの特徴

このデッキの特徴はやはり、自然ジョーカーズを使ったマナ加速による「ジョットガンジョラゴン 」の早期召喚である。

今までのジョラゴンジョーカーズでは、一度マナにカードを置くとそのカードは使えなかった。

しかし、自然ジョーカーズにはJチェンジがあるので、マナに置いた「キングザスロットン7」「ガヨウ神」「ポクチンちん」を再び使うことができる。

マナ加速がメインになったので「奇石ミクセル」「絶対の畏れ防鎧」といった踏み倒しメタクリーチャーが刺さらなくなった。

デッキの簡単な動かし方

【理想的な動かし方】

2コスト「タイクタイソンズ」→3ターン目Jチェンジ「メイプル超もみ人」または「天体かんそ君」「ジョットガンジョラゴン」召喚

というように2コストの「タイク・タイソンズ」とその他のマナ加速系自然ジョーカーズで一気にマナ加速をして「ジョットガンジョラゴン」をに早期に着地させる。

あとは今までのジョラゴンジョーカーズのように「ガヨウ神」を捨てたり、「アイアンマンハッタン」でロックしながら攻撃していく。

デッキに採用されているカードの紹介

ここからはデッキに採用しているカードの中から数枚を選んで紹介しよう。

タイク・タイソンズ

タイク・タイソンズ

【 タイク・タイソンズ】
自然文明 2コスト
ジョーカーズ
パワー1000

  • Jチェンジ4(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい)
  • このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

Jチェンジ4とバトルゾーンに離れた時にマナを山札から1枚増やす。

バトルゾーンを離れた時の効果をJチェンジによって自ら発動させることができるのが強い。

チェンジ先がマナ加速系のジョーカーズだと計2マナ加速させることができ、この動きが往年の自然単サソリスの十八番だったジャックスッテプルマリニャンを思い出させる。

ちなみにチェンジ先は自然ジョーカーズじゃなくてもいいので、「ポクチンちん」等にチェンジすることもできる。

メイプル超もみ人

メイプル超もみ人

【メイプル超もみ人】
自然文明 3コスト
ジョーカーズ
パワー1000

  • このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

「青銅の鎧」と同じく1枚マナ加速ができる。しかし、このクリーチャーはジョーカーズを種族を持つことによって「ヤッタレマン」のコスト軽減を受け、墓地にカードがいらない「パーリ騎士」になる。

天体かんそ君

天体かんそ君

【天体かんそ君】
自然文明 4コスト
ジョーカーズ
パワー3000

  • このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を見る。そのうちの1枚を自分のマナゾーンに、1枚を山札の一番下に、1枚を山札の一番上に置く。

「夢のジョー星」と同じような効果を発揮できるクリーチャーである。

山札の上から3枚カードをみてトップに仕込むことができるので、安定して欲しいカードが持ってきやすくなる。仕込んだカードはハンデスされないというのも強い。

ソーナンデス

ソーナンデス

【ソーナンデス】
自然文明 6コスト
ジョーカーズ
パワー7000

  • マッハファイター(このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターンの間、タップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる)
  • Jチェンジ8(このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト8以下のジョーカーズと入れ替えてもよい)
  • W・ブレイカー
  • このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうしたら、クリーチャーを1体、自分のマナゾーンから手札に戻す。

Jチェンジ8を使って「ガヨウ神」「バイナラドア」「キングザスロットン7」「ジョットガンジョラゴン」などを出すことができるのでかなり選択肢が広い。

マッハファイターを持っていることで出したターンに確実にチェンジできることが強みである。

また、場を離れた時に手札を1枚捨てマナからカードを1枚回収できる効果で、「ジョットガンジョラゴン」のジョラゴンビッグ1をさらに使うこともこのカードの強いところだ。

他に採用するならこんなカード

燃えるデッドソード

ジョラゴンループのフィニッシャーに選ばれているカード。このカードの登場時効果を使い回せば、相手の場と手札、マナをなくすことができる。

しかし、ループが少し難しいのが難点である。

ワイルドシールドクライマックス

「ジョットガンジョラゴン」の破壊を無効にするという使い方がメインだが、普通に素出ししてクリーチャーとバトルさせるのも強い。

最後に

今回は紹介しなかったが、「ドンジャングルS7」は出してタップさせた時点で赤単ゴゴゴやその他の速攻デッキを詰ませる強さがあるので便利である。

あとは「ジョットガンジョラゴン 」がいる時に「ドンジャングルS7」捨て、パワー7000以下のクリーチャーをマナから出すこともできる。

緑ジョーカーズはマナの伸びが今までのジョーカーズと一味違いかなり面白い動きができるので、試してもらいたい。

【記事の作成者】

デュエマの現環境デッキ一覧!環境デッキを紹介&解説!
デュエルマスターズの環境デッキを紹介!2018年現在どの環境デッキを使用するか迷っている方、環境デッキごとの動きを知りたい方は是非この記事で現在の環境デッキを把握しよう!