「こたつむり」を使う上で知っておきたいこと!「こたつむり」を使う上で注意点!

「こたつむり」を使う上で知っておきたいこと!「こたつむり」を使う上で注意点!

双極篇3弾のVRに「こたつむり」というクリーチャーがいる。

「こたつむり」は今後使われていくカードだと予想しているので、今回は「こたつむり」を使う上で注意したいことを紹介しよう。

「こたつむり」とは

こたつむり

【こたつむり】
火文明 2コスト
ビートジョッキー/スペシャルズ
パワー 2000+

  • 自分のマナゾーンに火のクリーチャーが4体以上あれば、このクリーチャーに「パワーアタッカー+4000」と「W・ブレイカー」を与える。
  • 相手のクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、プレイヤーを攻撃できない。
  • このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーは次の自分のターンのはじめにアンタップしない。

「こたつむり」は相手のクリーチャーは出したターン相手プレイヤーを攻撃できなくなるという特殊な効果を持ち、現在使われている「蒼き団長ドギラゴン剣」や「ジョットガンジョラゴン」、その他のスピードアタッカーを利用したデッキへのメタクリーチャーとして注目されている。

「こたつむり」を使う上で注意したいこと

乱舞舞神 G・W・D

「こたつむり」にはいくつか効果があり、それぞれで気をつけたほうがいいことがあるので紹介していこう。

1.Wブレイカーとパワーアタッカー+4000を得る条件は火文明の”クリーチャー”が4枚以上必要な点

これはWブレイカーとパワーアタッカー+4000は火文明のクリーチャーが必要で呪文やその他カードだと条件を達成できないということである。

特に「必駆蛮触礼亞」や「爆殺覇悪怒楽苦」は今火単で使われている呪文なので注意しよう。

2.クリーチャーを出したターンそのクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できないがクリーチャーには攻撃できる点

これはマッハファイター等のアンタップしてるクリーチャーを攻撃できる能力でクリーチャーには攻撃できるということ。

また、タップしているクリーチャーには問題なく攻撃できる。

なので、自分の場にタップしているクリーチャーが存在する時、相手が「乱舞舞神 G・W・D」を出したターンはそのタップしたクリーチャーに攻撃でき、さらに他のクリーチャーとのバトルを許してしまうことを覚えておいたほうがいいだろう。

3.アンタップしなくなるのは攻撃した次のターンの最初だけで、それ以外なら問題なくアンタップする点

これは、「ラッシュ”ATK”ワイルド」などのクリーチャーでアンタップする能力を付与しても「こたつむり」は問題なく攻撃後にアンタップでき、かつ相手のタップ能力でタップしても攻撃さえしてなければターンの初めにアンタップするということである。

これはよく見てないと間違えやすい。

最後に

「こたつむり」は条件さえ揃えば4マナWブレイカーになり、相手のスピードアタッカーによるシールドへの攻撃を止めることができる攻守に優れたクリーチャーである。

双極篇3弾の中でも1、2を争うオススメカードなのでぜひ集めてほしい。

【記事の作成者】

【反応まとめ】こたつむりの効果と能力が判明!
【反応まとめ】こたつむりの効果と能力が判明! 【こたつむり】 火文明 2コスト ビートジョッキー/スペシャルズ パワ...