【殿堂】クローシスチェンジザ覇道のデッキレシピを紹介!通常環境でもチェンジザ覇道がしたい!

【殿堂】クローシスチェンジザ覇道のデッキレシピを紹介!通常環境でもチェンジザ覇道がしたい!

通常環境でもチェンジザ覇道がしたい人にオススメ!クローシスチェンジザ覇道を紹介

2ブロック構築では活躍しているチェンジザ覇道というデッキタイプを何とかして通常環境でも戦えるようにできないかと考えた。

その結果チェンジザダンテを見習い、革命チェンジのギミックを積み込んだクローシスチェンジザ覇道オーパーツというデッキが完成したので紹介しよう。

クローシスチェンジザ覇道 デッキ概要

デッキ内容

クローシスチェンジザ覇道

デッキの特徴

チェンジザ覇道デッキ概要

デッキの特徴はやはり、「龍装艦チェンジザ」からの「勝利龍装クラッシュ”覇道”」を出す動きだろう。

クローシスカラーという文明の組み合わせを生かした破壊とリソースの確保が強みである。

そして、注目のポイントは「龍装艦チェンジザ」「勝利のガイアールカイザー」などからチェンジする「完璧問題オーパーツ」というクリーチャーだ。

「龍装艦チェンジザ」から革命チェンジすることによって、コスト5以下の呪文を唱えながら3枚ドローし、さらに手札かバトルゾーンにある2枚のカードを下に送ることができる。

デッキの簡単な動かし方

序盤は「リロードチャージャー」からコスト5のカードに繋げるのが理想である。その動きができない場合は「ゼンメツスクラッパー」「”乱振”舞神GWD」で小型のクリーチャーを破壊しながら時間を稼いでいく。

中盤以降は、「龍装艦チェンジザ」「勝利龍装クラッシュ”覇道”」によるコンボで追加ターンを得ながら、革命チェンジと「本日のラッキーナンバー」による攻撃を目指す。

一度使用した「勝利龍装クラッシュ”覇道”」「本日のラッキーナンバー」「マッドデーモン閣下」「イーヴィルヒート」で回収した後「龍装艦チェンジザ」で使いまわす動きが強いので覚えておこう。

デッキに採用されているカードの紹介

ここからはデッキに採用されているカードの中からいくつかピックアップして紹介しよう。

裏切りの魔狼月下城

裏切りの魔狼月下城

文明 闇 / コスト2
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手は自身の手札を1枚選んで捨てる。
■マナ武装4:自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、相手は自身の手札をさらに2枚選び、捨てる。

多色マナ武装4で3枚ハンデスができる殿堂カード。このデッキに多色が13枚とかなり少ないので序盤に唱えることはまずない。

このカードを使うのは後半に「龍装艦チェンジザ」で攻撃した時で「怒流牙サイゾウミスト」などを落としたいときに使う。

ちなみに「完璧問題オーパーツ」と合わせて最大5枚ハンデスができる。

ゼンメツスクラッパー

ゼンメツースクラッパー

文明 火 / コスト3
■S・トリガー(この呪文をシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい)
■相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。

パワー2000以下のクリーチャーを全て破壊できるトリガー呪文である。主に「オニカマス」を破壊する目的で採用した。

奇術師ディール/本日のラッキーナンバー

奇術師ディール/本日のラッキーナンバー

種族 マジック・コマンド / 文明 水 / パワー6000 / コスト6
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、数字を1つ選ぶ。その数字と同じコストを持つ相手のクリーチャーをすべて、持ち主の手札に戻す。────────────呪文────────────
カード名:「本日のラッキーナンバー!」
文明:水
コスト:3マナ
■数字を1つ選ぶ。次の自分のターンのはじめまで、相手はその数字と同じコストを持つクリーチャーと呪文を召喚したり唱えたりできない。

チェンジザダンテの「ジャミングチャフ」のような感じで使うことが多い。コスト4を宣言してシノビを止めたり、1枚でこちらの動きが止まるようなカードを逆に止める。

マッドデーモン閣下/デーモンハンド

マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド

種族 マフィ・ギャング / デーモン・コマンド / 文明 闇 / パワー5000 / コスト5
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、あるいは自分が名前に《ハンド》とある呪文を唱えた時、クリーチャーを1体、自分の墓地から手札に戻してもよい。────────────呪文────────────
カード名:デーモン・ハンド
文明:闇
コスト:6マナ

■S・トリガー
■相手のクリーチャーを1体破壊する。

使用した感想はデーモンハンド付きリバイヴホール。

先ほども述べたように1度使った「奇術師ディール/本日のラッキーナンバー」「勝利龍装クラッシュ”覇道”」を手札に戻し使いまわすのが強い。

完璧問題オーパーツ

完璧問題オーパーツ

種族 クリスタル・コマンド・ドラゴン / 革命軍 / テック団 / 文明 水/闇 / パワー11000 / コスト8
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■革命チェンジ-水または闇のコスト5以上のドラゴン(自分の水または闇のコスト5以上のドラゴンが攻撃する時、そのクリーチャーと手札にあるこのクリーチャーを入れ替えてもよい)
■W・ブレイカー
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引く。その後、相手はバトルゾーンまたは手札から、自身のカードを2枚選び、好きな順序で山札の下に置く。

完璧問題オーパーツ採用理由

なぜ「時の法皇ミラダンテⅫ」でも「蒼き団長ドギラゴン剣」でもなくあまり使われていない「完璧問題オーパーツ」を採用したのか。

その理由は、「蒼き団長ドギラゴン剣」「龍装艦チェンジザ」から革命チェンジできず、「勝利龍装クラッシュ”覇道”」からのチェンジは弱いので不採用。

そして、「時の法皇ミラダンテⅫ」だとロック性能が高すぎて横に「勝利龍装クラッシュ”覇道”」を並べる必要が全くなくなり、トリーヴァチェンジザダンテでよくね?となったので採用しなかった。

結果「勝利龍装クラッシュ”覇道”」を横に立てながら、除去とドローができる「完璧問題オーパーツ」を採用することになった。

このカードの2ドローが結構強く、「龍装艦チェンジザ」からのチェンジはもちろんホール呪文や「イーヴィルヒート」からのチェンジもなかなか活躍してくれる。

他に採用できるカード一覧

超次元リバイヴホール

先ほど紹介した「マッドデーモン閣下/デーモンハンド」の動きを「龍装艦チェンジザ」1枚からできるのが魅力。「龍装艦チェンジザ」から唱える呪文に不安があるなら採用してみるといいだろう。

終末の時計ザクロック

「テック団の破壊Go!」がトリガーとして弱いと感じたなら4枚入れ替えという形で採用する。その時は「裏切りの魔狼月下城」を抜いて何かしらのカード採用しよう。

闇鎧亜ジャックアルカディアス

「ゼンメツスクラッパー」と入れ替え候補になったカードスレイヤーが結構強い+多色の増量になる。

最後に

今回紹介したデッキはチェンジザ覇道を通常環境で活躍させるにはちょうど良い構築になっている。

特に「ゼンメツースクラッパー」「”乱振”舞神GWD」がジョラゴンジョーカーズや黒単デスザークに刺さる。

その他のデッキに対しては「本日のラッキーナンバー」「完璧問題オーパーツ」の除去が思ったよりも強い。そこで稼いだターンから「勝利龍装クラッシュ”覇道”」の追加ターンで一気に勝負を持っていくのがかなり楽しいので、ぜひ使ってもらいたい。

デュエマの現環境デッキ一覧!環境デッキを紹介&解説!
デュエルマスターズの環境デッキを紹介!2018年現在どの環境デッキを使用するか迷っている方、環境デッキごとの動きを知りたい方は是非この記事で現在の環境デッキを把握しよう!