「超機動罠デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録」と相性の良さそうなカードを解説!

「超機動罠デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録」と相性の良さそうなカードを解説!

アニメデュエルマスターズで新弾に収録される自然のマスターレアの「超機動罠デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録」が登場したので、今回はこのカードについて紹介していこう。

「超機動罠デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録」とは

超機動罠 デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録

【超機動罠 デンジャデオン】

自然文明 6コスト
グランセクト
パワー6000

  • W・ブレイカー
  • 自分のターンのはじめに、このカードを自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。
  • 罠金乱舞(ワナワナパニック):クリーチャーが攻撃する時、それがこのターン最初の攻撃なら自分の手札から<トラップ>と名前にある呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。

【地獄極楽トラップ黙示録】

自然文明 8コスト

  • S・トリガー
  • 相手のクリーチャー1体または相手のシールドを1つ選び、持ち主のマナゾーンに置く。

自然の4番目に判明したガイアハザードの1体。

「Q.Q.QX」と同じくツインパクトカードとなっており、クリーチャー側がターンのはじめにマナから手札に戻せる効果と各ターン初めのクリーチャーの攻撃時に手札から<トラップ>と名前にある呪文を唱えることができる効果を持つ。

呪文側が相手のクリーチャーかシールドのカードを1枚マナゾーンに送る効果となっている。

このクリーチャー側の効果が各ターンなので、防御としても攻撃としても使いやすい効果になっている。

また、このカードの呪文側が<トラップ>と名前についてることで、複数枚きても腐りにくく、カードが1枚で完結していると言えるだろう。

相性の良さそうな<トラップ>呪文は?

ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ

まずは、画像にもあるように「ナチュラル・ゴ・デンジャー/ナチュラルトラップ」である。

このカードは<トラップ>と名前にある呪文を唱えた時マナゾーンからコスト6以下の自然クリーチャーを出すことができる。

このカードがバトルゾーンにいる時に<トラップ>呪文を唱え、マナにいる「超機動罠デンジャデオン」を出したり、「超機動罠デンジャデオン」と並べて攻撃時<トラップ>呪文を唱えてさらに展開するということもできる。このカード自体が<トラップ>呪文になっているところも相性が良いと言える。

トラップスパーク

次に相性が良さそうなカードは先日発売したクロニクルデッキに収録された「龍幻のトラップ・スパーク」だ。相手が攻撃して時「超機動罠デンジャデオン」から発動できるスパーク系呪文と考えれば強そうだ。

ハイパー・ギガタック

最後に紹介するのは「ハイパーギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ」である。

このカードはトリガーがついていないが名前に<トラップ>とあることで相手のクリーチャーが攻撃する時に使える全体除去となる。

マナに「超機動罠デンジャデオン」などが送られてしまうが、自分のターンに手札に戻せるので問題ないだろう。

最後に

この「超機動罠デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録」はトリガーがついていることで最近話題の「サイバー・I・チョイス」からクリーチャーとしてバトルゾーンに出せたりするので、「サイバー・I・チョイス」との相性も良さそうだ。

攻撃時に「地獄極楽トラップ黙示録」を唱えることで、「レッドゾーンZ」のような攻撃の仕方ができる点がとても強そうだ。

今回紹介した「超機動罠デンジャデオン/地獄極楽トラップ黙示録」によってガイアハザードが出揃ったので、今後自然文明がどのような展開になるのかが楽しみである。

「サイバーiチョイス」の裁定変更によってツインパクトがさらに強化!変更点を解説!
「サイバーiチョイス」というカードの裁定が少し変わったことによって注目が集まっている。裁定が変わったことによって今まで評価されていなかったSトリガー付きツインパクトカードの「龍装車マグマジゴク/ジゴクスクラッパー」などにも目が向けられ始めた。