至高のゼニス頂神殿の新規収録カードをご紹介!(クロニクルレガシーデッキ2018)

至高のゼニス頂神殿の新規収録カードをご紹介!(クロニクルレガシーデッキ2018)

以前紹介したクロニクルレガシーデッキ2018究極のバルガ龍幻郷の新規収録のカードに続き、今回は至高のゼニス頂神殿に新規で収録されるカードを紹介しよう。

新規収録カード

懐疑の虎狼ミラーズホロウ/汝は偽名なりや?

懐疑の虎狼ミラーズホロウ/汝は偽名なりや?

クリーチャー側の登場時効果が、山札を4枚表向きにしてその中のアンノウンと呪文を1枚ずつ加えることができる。

また呪文側が3コストでクリーチャー側とほとんど同じだが、めくれる山札の数が4枚から2枚になっている。

デッキのコンセプト的に序盤は呪文として、後半は「ヘブンズゲート」などの踏み倒しから手札を増やすという使い方になると思うが、似たような効果を持つ呪文である「エンジェルフェザー」があまり使われていなかったことをみると使用感はあまりよくないかもしれない。

しかし、ツインパクトカードであるという点とブロッカーもちのアンノウンというところが強いので、そこをうまく生かしていきたいところである。

「逆相」の頂 オガヤード・スンラード

「逆相」の頂 オガヤード・スンラード

新規ゼニスの1種で、相手のマナゾーンのクリーチャーの数だけコストを下げる能力と、召喚時に無色カードを2枚までマナか墓地から手札に戻す効果を持つ。現状回収効果はどう考えても「『戦慄』の頂ベートーベン」の方が回収効果以外においても強力なので、使うならコスト軽減能力をうまく使うことになるだろう。

トライガードチャージャー

画像と効果

効果的にはシールドを手札に戻す効果と手札からシールドに仕込む効果があることから、Sトリガーの使えない呪文版「エメラルーダ」のような感じである。

効果が全て任意で行える点とチャージャーであることから6コストにつながるといところが強い。かなり汎用性の高いカードに仕上がっており、このデッキの目玉カードと言っても良いだろう。

創世と終焉のゼニス・スパーク

創世と終焉のゼニス・スパーク

ゼニスを手札から見せるだけで、全体タッププラス、フリーズをつけることができる超強力なトリガー呪文である。このカードがデッキの守りの要になるので、ゼニスをデッキで組むならぜひ4枚は欲しい。

最後に

今回紹介した新規カードはほとんどゼニスサポート寄りのカードになっており、ほかのデッキで運用しようと思うと少し難しいカードが多いのかなと思う。

しかし、ゼニスのデッキを組む上では、これ以上ないサポートカードになっているので、今一度ゼニスデッキを組みたいという人にはオススメのデッキになっている。