今注目の「龍装艦スペルエビート」と「奇石トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー」のコンボを紹介

今注目の「龍装艦スペルエビート」と「奇石トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー」のコンボを紹介

双極篇2弾で登場した「奇石トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー」によって現在「龍装艦スペルエビート」の評価が見直されつつある。

さらにこのコンボを用いたデッキも噂されているので、今回はこの2枚について考察していこう。

「奇石トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー」、「龍装艦スペルエビート」とは

2枚の効果について知らない人もいると思うので、まずはカードの効果を紹介しよう。

奇石トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー

奇石トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー

クリーチャー側がブロッカーの攻撃能力を無効にする効果、とターンの終了時に自分の”ブロッカー”を全てアンタップする効果を持っている。

クリーチャー側は「ホーリー」のケアなどに使えそうだ。クリーチャー側は案外普通だが、今注目されているのが呪文側の効果である。

呪文側が、カードを1枚引いた後に手札からコスト5以下の”ブロッカー”をバトルゾーンに出すという効果を持っている。

「スペルエビート」

「スペルエビート」

次に紹介するのは「龍装艦スペルエビート」である。

このクリーチャーは自身の登場時とムートピアがバトルゾーンに出た時に、山札の1番上から墓地に落とした後呪文を1枚回収できる。

「龍装艦スペルエビート」と「奇石トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー」のコンボについて

「アイ・オブ・ザ・タイガー」が、出せるブロッカーに文明を指定していないことにより、「アイ・オブ・ザ・タイガー」から「スペルエビート」や「エメラルーダ」などの5コストドラゴンをバトルゾーンに出し、そこから「時の法皇ミラダンテⅻ」に革命チェンジできる動きが強力だ。

従来のミラダンテⅻがメインのデッキと比べて1ターンくらい速く動くことがさらに評価できる。

「アイ・オブ・ザ・タイガー」と「スペルエビート」の噛み合いはかなり良いと思っており、「ドラゴンズサイン」から「時の秘術師ミラクルスター」のような動きが4ターンでできるのにはかなり魅力を感じる。

なんと「アイ・オブ・ザ・タイガー」から「スペルエビート」出すことで、回収効果とドロー効果によって手札を減らさずにバトルゾーンにクリーチャーを展開できる。

手札に「アイ・オブ・ザ・タイガー」が戻ってくることで「ミラダンテⅻ」で使い回すこともでき、クリーチャーとして使う事もできるので選択肢の幅がかなり広いと感じた。

このコンボは今までのように最速で動こうと思ったらかなり踏み倒しメタが邪魔になってくるので、環境を読むか何かしらの対策はした方が良いかもしれない。

最後に

今回紹介したコンボはかなり面白く強さもあるので、これからの新しいミラダンテの形として使用者が増えていきそうだ。

ぜひこのコンボを一度使ってその強さを体験してみてほしい。