VR以上カードのお勧めカードをご紹介!逆襲のギャラクシー卍・獄・殺

VR以上カードのお勧めカードをご紹介!逆襲のギャラクシー卍・獄・殺

前回までは双極篇2弾逆襲のギャラクシー卍・獄・殺のノーマルカードのおすすめを紹介してきた。

今回からはVR以上のレアカードから集めておいた方がいいおすすめカードを紹介しよう。

収集すべきカード一覧

No.1 龍装者ジスタジオ

龍装者ジスタジオ

パワー12000以上のクリーチャーにバトル以外でバトルゾーンから離れないようにする強力な耐性を与えるクリーチャーである。

自身のパワーが12000以上であることが非常に優秀で、種族にドラゴンを持っていることから8月に発売するクロニクルレガシーデッキとの相性が良さそうである。

なので、クロニクルレガシーデッキを購入しようと思っている人は持っておいて損はないカードだと思う。

No.2 オブラディ・ホーネット/Let it Bee!

オブラディ・ホーネット/「Let it Bee!」

クリーチャー側が4コストでマッハファイターと破壊時にマナに行く「ワ・タンポーポ・タンク」に似たような効果を持ち、呪文側がコスト3でカードを1枚引いて手札からマナに置くという使いやすい呪文になっている。

どちらも使いやすい効果を持っており、その状況に合わせて使えるので、「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」のように使いやすいカードの1枚になると考えている。

No.3 ワイルドシールドクライマックス

ワイルドシールドクライマックス

「ジョットガンジョラゴン 」と名のつくクリーチャーが破壊される時に代わりに手札から捨てることができるのが特徴のカードである。

「ニヤリーゲット」が殿堂に行った後のジョラゴンジョーカーズでぜひ使いたいカードだ。

黒単デスザークの破壊に対して強くなり、さらに「ボルシャックドギラゴン」を貫通できるところが非常に優秀で強い。

No.4 マッドデーモン閣下/デーモンハンド

マッド・デーモン閣下/デーモン・ハンド

あの「デーモンハンド」がツインパクトになったカードである。

下の「デーモンハンド」がトリガーとしてそこそこ優秀であるのは置いといて、クリーチャー側が、コスト5で登場してから必ず1回は墓地からクリーチャーを回収できる効果を使えるのが、とても使いやすい。

種族にデーモンコマンドを持っているのでもしかしたら「デッドゾーン」との相性がいいかもしれない。

No.5 遣官使ネオンクス/ネオブレイン

遣官使ネオンクス/ネオブレイン

昔に収録されていた「ネオブレイン」を内蔵したツインパクトカードである。

序盤は使い勝手の良いドローソースとして使え、後半は大型の呪文を唱えるのに活躍が見込める。

ブレインと名のつく呪文は山札の上を仕込む呪文も豊富なのでこのクリーチャーとの相性が良いだろう。

「ブレイン珊瑚の仙樹」で手札が4枚あればこのカードを使えるのも利点かもしれない。

最後に

今回のVRは昔のカードをツインパクト化したカードが何種類か収録していることもあり、力を入れてるかはわからないが優秀で使い勝手が良いカードが多い印象があった。

SR以上のカードと合わせて今回の光り物はハズレが少ないのがとてもいいと思っている。