~赤青t白ドギラゴン剣~環境デッキをご紹介![デュエルマスターズ]

赤青t白ドギラゴン剣を解説!環境デッキをご紹介

デッキ概要

ドギラゴン剣

デッキ内容

  • 月光電人オボロカゲロウ×4
  • 熱湯グレンニャー×4
  • 異端流しオニカマス×4
  • エメラル×1
  • 単騎連射マグナム×1
  • プラチナ・ワルスラS×4
  • 龍装チュリス×4
  • 龍装者バルチュリス×3
  • 音精ラフルル×1
  • 勝利のアパッチ・ウララー×3
  • “乱振”舞神G・W・D×3
  • 蒼き団長ドギラゴン剣×4
  • 閃光の守護者ホーリー×4

超次元ゾーン

  • 勝利のプリンプリン
  • 勝利のリュウセイカイザー
  • 勝利のガイアールカイザー
  • アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>
  • 紅蓮の怒 鬼流院 刃
  • ヴォルグ・サンダー
  • 時空の司令 コンボイ・トレーラ
  • ガイアール・カイザー

デッキ費用

1からカードを購入し、集めた場合にかかる費用は約28000円で超次元ゾーンのカードを抜くと約13600で作成することができる。

とにかく「勝利のアパッチウララー」から出すことができる超次元クリーチャーのほとんどが他のデッキにも使われることが多く全て高価なカードになっているので総合したデッキの価格が高くなっている。

メインデッキの方も「GWD」や「プラチナワルスラS」などの別のデッキでもよく使うカードが採用されているのでメインのカードを集めるのにも苦労するデッキだ。

デッキの簡単な動かし方

このデッキは大きく分けて2つのパターンに分けて戦う。

1つは「龍装チュリス」から「ドギラゴン剣」に革命チェンジし、そこから「勝利のアパッチウララー」から展開したり、「龍装者バルチュリス」を合わせてワンショットするプラン。

2つ目は、「プラチナワルスラS」をメインに攻撃していき、増えた手札から「GWD」や「バルチュリス」、「オニカマス」などで少しづつシールドを減らすプランである。

最近は、「オニカマス」や「センノー」などの踏み倒しメタクリーチャーが増加している傾向にあるので、「プラチナワルスラS」をメインにビートしながらそこに「ドギラゴン剣」を添えるプランを取ることが多い。

デッキの特徴

  • 「オボロカゲロウ」や「プラチナワルスラS」という優秀な手札入れ替えと補充クリーチャーが揃っているので、安定して相手に合わせた戦いがしやすい
  • 「単騎マグナム」と「ラフルル」が採用されているので、トリガーを封じながら攻撃できる場合がある
  • 突然のドルガンバスターアパッチウララーのワンショット
  • いつでも火力を出せるスペックがあるので、シールド0枚から逆転しやすい
  • 2つのプランを取ることができるので、対策しにくい
  • とにかく「プラチナワルスラS」
  • 超次元が高い

採用カードの紹介

ここからはデッキに採用されている重要なカード達を紹介しよう

「プラチナワルスラS」

プラチナワルスラs

前回の殿堂予想から1位だけあってカードパワーが非常に高いカードである。

水文明のクリーチャーからならなんでも進化でき、3コストWブレイカーで2枚手札が増えると書いている。

3コストパワー6000というのがとてつもなく除去しにくい上に、低コストで対抗できるカードがない言ってもいいくらい少ないので厄介だ。

このクリーチャーをいかに出させないか、または出させてもwブレイクの時点で処理できるかが、このデッキと戦う上での重要な部分になってくる。

「”乱振”舞神G・W・D」

乱舞舞神 G・W・D

実質4コストで出てくるクリーチャーで、登場時の効果と攻撃時の効果で合わせて最大2体除去2枚ドローできるのが魅力的である。このクリーチャーを出して他に攻撃できるクリーチャーが場にあれば、2体で攻撃して「バルチュリス」まで繫るのが強い。

見ただけではイラストと合わせて強そうには見えないが、1度使いその強さを体験すればこのカードなしではデュエマができなくなるくらい便利なカードだ。

火文明のドローソースとしても優秀なので、とりあえず持っておきたい1枚である。

「月光電人オボロカゲロウ」

月光電人オボロカゲロウ

このデッキでは最大4枚のカードを引いて交換することができるので、そのとき欲しいカードを持ってきたり、「プラチナワルスラS」を引くために重宝される。効果を使った後は、アタッカーとしても進化元としても扱えるのが利点。

「龍装者バルチュリス」

龍装者バルチュリス

衰退気味だった「ドギラゴン剣」のデッキを環境の最前線まで押し上げた立役者と言っていいクリーチャーである。単純にアタッカーを1増やすという重要な役割の他に、「龍装チュリス」と合わせて「ドギラゴン剣」への革命チェンジ元になることもこのカードが強い理由だ。

採用候補カードの紹介

「終末の時計 ザ・クロック」

ただ強いトリガー。「ホーリー」と合わせて水文明が少ないと感じたら採用しよう。

「スパイラル・ゲート」

低コストトリガー付き除去で、踏み倒しメタを除去しながら「ドギラゴン剣」につなげることができる。

「機神装甲ヴァルドリル」

絶対に「オニカマス」許さないという人にオススメの1枚。「オニカマス」以外には低パワークリーチャーの除去には「GWD」がいるのでそれほど使う機会がない。

4個コスト「オニカマス」メタという点から「温泉湯あたり地獄」や「ライオネルウインド」と似たようなカードなので、好みと環境を読んで採用しよう。

環境デッキの対面について

攻め方が臨機応変にできることから、環境内でのどのデッキでも対応するのが難しい。

ロージアダンテやアナカラーシャコガイルの守りとトリガーによるが辛いことが多い。

デスザークにはいかにデスザークを出させずに殴りきるかが重要で、「卍デスザーク卍」を出されたら簡単には動くことができないので、辛い展開を強いられる。

ジョーカーズには豊富なアタッカーと除去があるので、若干有利というか他のデッキと比べて楽ではある。