~新2弾マジでB・A・Dなラビリンス!!編~拡張パックの狙い目カードを紹介[デュエルマスターズ]

~新2弾マジでB・A・Dなラビリンス!!編~拡張パックの狙い目カードを紹介

今回は前回に続いて第2弾のマジでB・A・Dなラビリンス!!を購入する際に狙い目となるカードを紹介しよう。拡張パックを購入する時の目安にしてもらえば幸いである。

新2弾マジでB・A・Dなラビリンス!!の目玉カード

B・A・Dなラビリンス

ビートジョッキーのBADが全面に押し出されたこの弾の1番の目玉カードはこれである。

「罰怒ブランド」

罰怒ブランド

2弾のマスターレアである「罰怒ブランド」がこの弾を買って当たると嬉しいカードだろう。

現在約600円ほどで取引されている。

次の双極篇2弾逆襲のギャラクシー卍・獄・殺のマスターレアである「轟轟轟ブランド」を使ったデッキが注目されており、そのデッキや2ブロック構築などのビートジョッキーを使ったデッキではほぼ必須のカードなので、これからも価値が上がる可能性がある。

次に紹介するのはブライゼシュートに採用されることが多いこの2枚だ。

「爆殺!!覇悪怒楽苦」

爆殺!! 覇悪怒楽苦

1枚目は「爆殺!!覇悪怒楽苦」である。

コストが9で重い代わりに、通常時とSSTのどちらも強い効果を持っている。

よくブライゼシュートで採用されるが、限定構築のトリガー枠としても採用できるので一定の需要は常にあるだろう。

「ハイエスタスデパーチャー」

ハイエスタスデパーチャー

2枚目は「ハイエスタスデパーチャー」である。

ブライゼシュートでは3コストのフェアリーライフとして序盤の動きをサポートしたり、SSTで使った時に踏み倒しメタクリーチャーを除去したりと大事な役割を担ってくれる。

上記の2枚はトリガーとして優秀なので、パックを購入するなら覚えておこう。

最後に

この他にも、「凶鬼03号ガシャゴスラ」や「古代楽園モアイランド」、「グレートグラスパー」など優秀なSRも多い。

しかし、それ以外のノーマルカードを合わせてだいたい微妙なので、バラでパックを購入するなら他のを買った方がいいかもしれない。