「轟轟轟ブランド」を使ったデッキを使用!「轟轟轟ブランド」デッキを早速解説![デュエルマスターズ]

「轟轟轟ブランド」を使ったデッキを使用!「轟轟轟ブランド」デッキを早速解説!

デッキ解説

現在の環境デッキを凌駕する速さと火力

「轟轟轟ブランド」を使った赤単ニクジールブランドが流行っているらしいので、早速デッキを組んで回してみた。その時のデッキリストがこちらである。

轟轟轟ブランド

確かに他の速攻デッキや現在の環境デッキを凌駕する速さと火力を備えているデッキだった。

しかし、使ってみて感じたのが、環境トップのデスザークやジョーカーズは結構勝てるが、ロージアダンテやアナカラーシャコガイルにはトリガー1枚で負けることが多々あるので大会で使うのは怖い。

後は、ドルガンバスター系統のデッキと戦うと3ターンキルできないとほぼ確実に「龍装チュリス」からの「ドギラゴン剣」を決められ、勝てない。

さらに「ミクセル」系統のカードがきつすぎる。

他には、「罰怒ブランド」のBADで1体クリーチャーが破壊されるのが嫌だ。

これらの悩みを解決するべく新たに2つのデッキを作った。それがこちらである。

光文明の採用

轟轟轟ブランド

まず、光文明を採用してみて火力をあげるためのドローソースと低コストトリガーを投入してみた。

このような構築にすると「天鎖」のおかげで「轟轟轟ブランド」を出した後の後続が続くようになり、そしてトリガーが増えたことにより、チャンスが増えた。

枠があれば「マルハヴァン」は採用してみたいなと思った。

闇文明の採用

轟轟轟ブランド

次に闇文明を採用した型のニクブランドである。この型は「ダースシスK」と「ドリルスコール」によって墓地に「レッドライダーズ」が墓地に落としやすくなった。

さらに「ダースシスK」のおかげで1ターン目の「ニクジールブランド」から「轟轟轟ブランド」の動きを再現できるようになり、安定感がアップしている。

そして「爆撃男」を採用したことによって、「ダースシスK」と「ドリルスコール」で墓地に「爆撃男」を落として「奇石ミクセル」などの小型を破壊した後に「轟轟轟ブランド」を出せることが可能になった。

総評

上記のすべてのデッキに言えることだが、このデッキの「轟轟轟ブランド」が手札にある時とない時の強さが全然違う。

言ってしまえば、「轟轟轟ブランド」が手札にあると超強くて、ないと正直弱い。

なので「轟轟轟ブランド」を早期に引き込むために、「サイコロプス」などを採用して「メラメラジョーカーズ」なんかが唱えられたら面白い。

デッキを回してて正直、別に「轟轟轟ブランド」をメインにしなくても赤白レッドゾーンに投入してやれば、ほとんど赤単ニクブランドと同じような動きができて、さらに踏み倒しメタや「ホーリー」といったトリガーも積めるじゃないか、と考えた。

ただ、ニクブランドは相手にトリガーがないときの速さが尋常ではないところが強いので、まだまだ構築を考える余地はあるはずだ。

2弾の情報もまだまだあるので、そこに期待したい。