「龍装艦チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆瀧~」を考察!汎用性が高すぎる!?[デュエルマスターズ]

「龍装艦チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆瀧~」を考察!汎用性が高すぎる!?

コロコロニュースのデュエマのカードチラ見せで双極篇2弾に収録されるカードである、「龍装艦チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆瀧~」が公開された。

今回はこのカードについて簡単に考察しよう。

「龍装艦チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆瀧~」とは

龍装艦 チェンジザ/六奇怪の四 ~土を割る逆瀧~

コスト6のドラゴンギルドを種族にもつ水文明のツインパクトカードである。

クリーチャー側の効果が”登場時”と”攻撃時”に2枚山札の上から引き1枚手札から捨てるという効果と、”各ターン”、コスト5以下の呪文をはじめて捨てた時、その呪文のコストを支払わずに唱えてよい、という効果を持っている。

そして、呪文側が、次の自分のターンのはじめまで、相手は1度しか攻撃とブロックができなくすることができる。

「龍装艦チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆瀧~」のクリーチャー側について

まず、ツインパクトカードで、クリーチャー側と呪文側のコストが4、6と使いやすいところがとても良いと感じた。

そして、どっちで使っても唯一性が高く、強い効果を発揮してくれることが目に見えているので、単純に強いカードだと思った。

クリーチャー側で、唱えることができる呪文のコストが5以下とかなり範囲が大きいので、色々なカードと組み合わせることができそうだと皆考えているだろう。

現在の情報の中では「湧水の光陣」との組み合わせが強力そうだ。

「湧水の光陣」

湧水の光陣

■バトルゾーンに自分の水または自然のクリーチャーがあれば、コスト5以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。なければ、コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出す。

「龍装艦チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆瀧~」の効果を使い、登場時に唱えると、「湧水の光陣」の効果を満たしているので墓地からコスト5以下のクリーチャーをなんでもバトルゾーンに出すことができる。

これによってあらかじめ呪文として使っていた「傀儡将ボルギース/ジェニ子の知らない世界」などのツインパクトもクリーチャーとして使いまわせたりできるのは面白いと思った。

その他には「「龍装艦チェンジザ」が場にいる状態で、「怒流牙 佐助の超人」の効果を使い「スパイラルハリケーン」を墓地に落とし、「スパイラルハリケーン」を唱えるコンボは単純に強いので、コンボとしてデッキに組み込まれる可能性が高いだろう。

「龍装艦チェンジザ/六奇怪の四~土を割る逆瀧~」の呪文側について

Dの博才サイバーダイスベガス

呪文側もクリーチャー側に劣らずの強力な効果になっている。

やばい次のターンに負けそう、というような状況で手札から唱えておき、1ターン生き延びる可能性を高めたり、「サイバーダイスベガス」から唱えることでそのターンの後続の攻撃を止めることができるのは単純に強いだろう。

また、白単天門などのブロッカーが多いデッキや小型が並ぶデッキの「Dの牢閣メメント守神宮」に対して唱えることで、1回しかブロックできなくさせ、そのまま勝てそうになるのも強いなと考えた。

最後に

使い方を考えたらキリがないくらい汎用性が高く強いカードだと思うので、新弾が発売したらすぐに集めたいところだ。

アナカラーシャコガイルや青黒ハンデスのデッキとの相性も良さそうなので、「龍装艦ゴクガロイザー」と入れ替えたり、同時に採用して試していきたい。