現時点での大会でよく見るカード5選をご紹介!![デュエルマスターズ]

現時点での大会でよく見るカード5選をご紹介!!

今回は大会でよく目にすることが多いなあと感じるカードを独断で5枚紹介しよう。

大会でよく見るカード5選

5位 龍装者バルチュリス

龍装者バルチュリス

2回自身のクリーチャーが攻撃した後に、手札から出せるクリーチャーである「龍装者バルチュリス」が5位にランクイン。

主な理由はドルガンバスター系統のデッキでほぼ採用されていて、さらにそれ以外でもアタッカーを増やす要因で見ることが多いので、この順位になった。

4位 終末の時計ザ・クロック

終末の時計ザクロック

みなさんお馴染みのトリガーすると無条件でターンが戻ってくる、強力なクリーチャーだ。

まさに逆転要素のあるデュエマにふさわしいトリガーで、水文明が入っていれば採用され、トリガーとして4枚だけ積まれることも多いのがこのカードの特徴だ。同じく強いトリガーである「閃光の守護者ホーリー」もよく見るぞ。

2ブロック構築でも採用されることが多いのでこの順位になった。

3位 ”乱振”舞神G・W・D

乱舞舞神 G・W・D

ジョーカーズやデスザークデッキなどの小型除去に便利、兼アタッカー+ドロソとして絶賛大活躍中の「G・W・D」が3位となった。

環境デッキでも多く採用され、2ブロック構築でも赤単ジョッキーなどで採用されるケースがよく見られ、それが「クロック」の非ではないと感じたのでこの順位になった。

2位 怒流牙サイゾウミスト

怒流牙サイゾウミスト

コントロール系統ならなんでも入っているのではないかと思うくらいよく見る。

5C、アナカラーシャコガイル、オールデリート、ブライゼシュートなどなどとりあえず受けとして優秀&文明も強い上に、手札にある分だけ使いまわせて高確率で自身のターンまで繋ぐことができるのがやばい。

正直「プラチナワルスラS」よりも採用頻度が高いのではないだろうか。

1位 水上第九院シャコガイル

シャコガイル

攻撃以外で勝つデッキの大半がこのクリーチャー説というくらいに受けの強いデッキのお手軽フィニッシャーとなっている。

環境ではゲイルヴェスパーやアナカラーシャコガイル、ループデッキで使われ、さらに2ブロックでは、主にトリガーコントロールや青緑九十九語や、青黒グスタフループで使われている感じがする。

やはり今までとはEXWINの条件のゆるさから採用される事が多いのだろうか。

最後に

今回は自分の色んなところでよく見かけるカードをランキング形式で紹介させていただいた。

よく見かけるカードを考えてみるとやはり強い汎用カードが多い印象があった。

このようによく見るカードを思い浮かべて見ると面白い発見ができたりするので、ぜひやって見て欲しい。