龍装の調べ初不/ホーリースパークと相性のいいカードをご紹介![デュエルマスターズ]

龍装の調べ初不/ホーリースパークと相性のいいカードをご紹介!

アニメデュエルマスターズに新弾のカードである「龍装の調べ初不/ホーリースパーク」が登場した。今回はこのカードの効果を見ていくと同時に、相性のいいカードやデッキを簡単に紹介しよう。

「龍装の調べ初不/ホーリースパーク」とは

龍装の調べ 初不/ホーリースパーク

「龍装の調べ初不/ホーリースパーク」とは「龍装の悟り天命/ヘブンエンドレーサ」に続く、SRの光文明ドラゴンギルドツインパクトカードである。

呪文側の効果が「ホーリースパーク」と同名同効果を持ち、6コストのトリガーで、相手のクリーチャーを全タップできる。

クリーチャー側がこのクリーチャーの登場時と「スパーク」と名の付く呪文を唱えた時に相手のクリーチャーは次のターンの初めにアンタップしなくなる効果を持っている。つまりタップしているクリーチャーをフリーズ状態にできる。

このクリーチャーはクリーチャー側が呪文側との相性がよく、1枚で効果が完結しているところが評価できる。

また、ブロッカーもちのドラゴンなので、「ヘブンズゲート」と「ドラゴンズ・サイン」のどちらにも対応しているところも素晴らしい。

「奇術師ディール/本日のラッキーナンバー」呪文側で6コストを宣言されるとクリーチャー側と呪文側のどちらも使えなくなることには注意したい。

相性のいいカードとデッキタイプ

まず、このカードをトリガー枠で採用するとしてクリーチャー側の効果をうまく使おうと思った時にスパーク系の呪文を手札に持った上で唱えなければいけない。

その問題をうまく解決できる「龍精霊ウィズダムフェウス」が相性がいいと思った。

龍精霊ウィズダムフェウス

「龍精霊ウィズダムフェウス」は、登場時に山札の上から5枚みて呪文を1枚手札に加える効果と、「スパーク」と名の付く呪文を唱える効果の二つを持つ。

この能力によって「龍装の調べ初不」が場にいる状態で出すことによって「龍装の調べ初不/ホーリースパーク」や「アルカディアススパーク」を手札に加えてそのまま唱えたり、好きな呪文を手札に加えてあらかじめ持っていた「スパーク」呪文を唱え、そのままフリーズという動きができるようになった。

もちろん「ヘブンズゲート」から「龍装の調べ初不」と「ウィズダムフェウス」の2体を同時に出してそのまま全フリーズということも可能だ。

次に「ヘブンズゲート」を利用して「龍装の調べ初不」と何かもう1体出す時に相性がいいと思ったカードが「閃光の守護者ホーリー」である。

閃光の守護者ホーリー

「ヘブンズゲート」から同時に出すことで「スパーク」呪文を介さずに相手のクリーチャーを全フリーズできる。

このように「龍装の調べ初不/ホーリースパーク」はトリガーとして優秀なだけではなく他の「スパーク」呪文とクリーチャー側を組み合わせることによって強力なロックができるところが強いので、これらを無理なく採用できる白単天門との相性が良いのではないかと考えている。

また、枠がきつそうだがドラゴンという点を生かして「ミラダンテⅻ」のデッキにトリガー兼革命チェンジ枠として採用しても面白そうだ。

最後に

トリガー呪文付きのツインパクトが登場したことによって、今後トリガークリーチャー付きのツインパクトなども登場する可能性が出てきたので楽しみだ。

また、「ホーリースパーク」が名前と効果を変えずにツインパクトになったことで、他の昔のカードのツインパクト化にも期待が高まる。