次環境のロージアダンテは青白!ドロマーと合わせて増加する!?[デュエルマスターズ]

次環境のロージアダンテは青白!ドロマーと合わせて増加する!?

GP6thやその直後のCSで結果を残し始めたロージアダンテの中に青白も多く存在し、今後の環境でドロマーと合わせて増加するのではないかと思われる。

今回はGP6thで使用した青白ロージアダンテを紹介しよう。

デッキ内容

青白ロージアダンテ

*裏向きのカードは「ライオネル・ウインド」となっている

[ 戦績 ]

  • 一回戦 アナカラーシャコガイル×
  • 二回戦 赤青白バスター◯
  • 三回戦 ドロマーロージアダンテ◯
  • 四回戦 青緑ダンテ◯
  • 五回戦 赤青白バスター◯
  • 六回戦 黒単デスザーク◯

結果

個人5-1

なぜ、ドロマーではなくて青白なのか

青白最大の魅力といえば、やはり「ホーリー」からの「ジェイルハウスロック」のコンボだ。

ドロマーでもできないことはないが、「ホーリー」と「ジェイルハウスロック」を多く積むことを考えたら青白になる。

その他の利点は、文明が一つ少ないことによる色事故の減少と、黒単デスザークなどの破壊があまり刺さらないデッキに対しての盾に埋める除去手段が多いこと、ドロマーと比較してあらゆるカードを3~4枚積む枠ができるので、安定性が上がることだろう。

デッキ解説

このデッキはいつものロージアダンテと同じく「ミラクルストップ」と「ミラダンテⅻ」による強力なロックを決めながら攻撃する、守りも厚いデッキとなっている。

トリガーが呪文とクリーチャーの両方投入されているので、どちらも止めるのが難しい今の環境ではかなりマッチングしている。

では、GPで使用したデッキの内容を全てではないが、いくつか紹介していこう。

ライオネル・ウインド

ライオネル・ウインド

デッキ内容を見て一番気になったカードはおそらくこれだろう。コスト4の呪文でパワー2000以下のクリーチャーを全てシールドゾーンに送ることができる。

このカードはジョーカーズの「ヤッタレマン」と「パーリ騎士」、「オッケーBros」、デスザークの「バギン」や「グリギャン」、「ドゥシーザ」と低パワーが多いジョーカーズやデスザークに対して複数体除去できる可能性があり、ロージアダンテというデッキタイプで辛い「オニカマス」を簡単に除去できるので採用されている。

実際に「オニカマス」を除去しながら攻撃するプレイが二回ほどあったので「オニカマス」を絶対に除去したいなら採用してみてはどうだろうか。

龍装の悟り天命/ヘブン・デ・エンドレーサ

龍装の悟り天命

ホーリージェイルハウスロックのコンボ以外に青白にする理由となった1枚である。

呪文側が4コストでなんでも除去できるよと書いてあるので、これを使ってドロマーの「デモンズライト」に似たような除去をしたり「デモンズライト」で除去しきれない「デスマッチビートル」などの、パワーラインが高いクリーチャーも除去できる。

「ミラダンテⅻ」の登場時効果で唱えることもでき、除去札としてかなり優秀だった。

後半はクリーチャー側で使うことで相手の動きを大きく鈍らせることができる。「ドラゴンズサイン」を使って出す場面もあり、「ヘブンズヘブン」と同時に使うことで光以外の呪文を2多くできるのが強力だ。

レインボースパーク

レインボースパーク

多色が2枚マナゾーンにあれば2体タップと2枚ドローができる万能呪文。

ドローソースなので枚数を増やしたかったが、除去をメインにデッキを組んだので2枚となってしまった。

閃光の守護者ホーリー

閃光の守護者ホーリー

現在の環境で「クロック」と並び、最も強いトリガークリーチャーの1枚である。

環境では「5000GT」や「単騎連射マグナム」でしか止まることがないトリガーで、ダンテを使用したデッキでのミラーやジョーカーズなどの横に並べるデッキに対して重宝する場面が多い。

「音感の精霊龍エメラルーダ」と合わせて持っておき盾に埋めるという動きをよくする。

魂と記憶の盾

魂と記憶の盾

殿堂カードというだけあってやはり強力だ。

3ターン目に唱えて「ヤッタレマン」や「バギン」、「ヴォガイガ」といったシステムクリーチャーを除去することでターンを稼ぎやすくなる。

また、自分のクリーチャーを盾に送ることもできるので、1度使った「閃光の守護者ホーリー」を盾に埋めるということができる。

簡単なプレイング解説

基本的に受けのデッキなので、相手に合わせてプレイしていく。

序盤は「コアクアンのお使い」と「レインボースパーク」のドローソースか「ヘブンエンドレーサ」や「ライオネルウインド」などの除去かを選択しながらターンを進めていく。

5~7マナくらい溜まった時が勝負で、「エメラルーダ」や「ドラゴンズ・サイン」で出したドラゴンを使って「ミラクルストップ」と「ミラダンテⅻ」のロックを狙う。デッキによってはどちらかで止まる場合が多いので、どっちを使い回すかをだいたい決めておくといいだろう。

他には「エメラルーダ」を出したときに似たような役割をもてる「ドレミ団の光魂GO!」と「閃光の守護者ホーリー」のどちらを埋めるかをデッキによって選択する。例えば墓地ソースなら基本「ドレミ団の光魂GO!」、ジョーカーズなら「閃光の守護者ホーリー」といった感じだ。

最後に

あらゆるデッキや状況に対して対応できるデッキになっているので、ぜひ使ってみてほしい。

現在のドロマーが主流の所で使い混乱させることができる可能性もある。

強力なロックと除去、対応力を備えた青白ロージアダンテ。今の環境で一考の余地があるのではないだろうか。