無明夜叉羅ムカデ等闇文明注目カードを紹介~双極篇1弾ジョラゴンGo Fight!!~[デュエルマスターズ]

無明夜叉羅ムカデ等闇文明注目カードを紹介~双極篇1弾ジョラゴンGo Fight!!~

前回に引き続いて、各文明の注目カードを紹介していこう。今回は闇文明だ。

闇文明注目カード

No1 無明夜叉羅ムカデ

無明夜叉羅ムカデ

まさか「デスザーク」系以外に2体目の夢月の門持ちクリーチャーが出るとは思わなかった。

効果が登場時にパワー-9000する能力と、下に4枚あればクリーチャーが攻撃するときに1枚手札を捨てさせる能力を持っているので、5~6体目の「デスザーク」としての性能は申し分ない。

また、このクリーチャーと「卍デスザーク卍」を揃えることで、タップしているクリーチャーを攻撃しながら1枚ハンデスをするというのを繰り返す動きができる。

「タイガニトロ」との相性もいいので、黒単デスザーク使いは持っておきたい1枚だろう。

No2 堕魔ヴォーミラ

堕魔ヴォーミラ

さらに、魔道具デッキを強くさせる要因になった1枚。

墓地からターンに1回魔道具を墓地から召喚することができるようになったので、リソース不足に困らなくなった。

「堕魔ヴォガイガ」との相性もかなりよく、おまけでついてる登場時墓地を3枚増やせる効果も強い。

今弾の4枚集めておきたいカードの内の1種類。

No3 ルソーモンテス/法と契約の秤

ルソーモンテス

闇文明の強力なツインパクトカード。

2コストでハンデスしながら自身が墓地に落としたクリーチャーを2枚目の「ルソーモンテス/法と契約の秤」の呪文側で蘇生することが可能なので、クリーチャー側と呪文側の効果がお互いに補完している強さがある。

書いてあることが弱いところが一つも見つからない強カードなので、これも4枚集めておきたい。

No4 傀儡将ボルギース/ジェニコの知らない世界

傀儡将ボルギーズ/ジェニコの知らない世界

このカードはクリーチャー側と呪文側の汎用性が高い良カードだと思う。

2コストハンデスの新たな選択肢の一つとしてみて良いだろう。

クリーチャー側がデーモンコマンドで種族が強く、パワー-4000の効果で「洗脳センノー」を破壊できるラインなのがありがたい。

No5 マタドール・マルクーゼ

マタドール・マルクーゼ

「オニカマス」や「デスマッチビートル」と同じ2コスト踏み倒しメタクリーチャーの闇文明バージョン。

踏み倒したクリーチャーを問答無用で墓地に叩き落とすところが「オニカマス」などと違って強い。

こんな感じのクリーチャーはいつ使われるようになるかわからないので、集めておきたいところだ。

No6 追憶人形ラビリピト

追憶人形ラビリピト

8コスト~系サイクルクリーチャーの闇文明版。

8コスト以上のクリーチャーを召喚したり、8コスト以上の呪文を唱えたときの全ハンデス効果は書いてあることがとにかく強いというのはわかるので、これと相性のいいカードを探していきたい。

No7 堕魔ヴァイシング

堕魔ヴァイシング

5コスト魔道具で登場時にコスト4以下の魔道具を蘇生したり、クリーチャーを1体回収したりと5コストに見合った器用な効果を持っている。

ただし、魔道具でコスト5が少し重い感じがあるので、そこがデッキにどう影響するかが問題になるだろう。

最後に

闇文明は前回の拡張パックに続いてさらに魔道具の強化が入り、さらに汎用カードも単純に強いカードが 多く収録された感じがある。

これからも魔道具や夢月の門も強化されそうなので期待が高まるばかりだ。