新たな効果を持つ【黒豆だんしゃく/白米男しゃく】について解説[デュエルマスターズ]

新たな効果を持つ【黒豆だんしゃく/白米男しゃく】について解説

新弾の発売が近づいてきたので、新弾のカードの情報が続々と解禁されていっている。

今回は新しい自然文明のツインパクトである「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」に焦点を当てて紹介していく。

「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」とは

黒豆だんしゃく/白米男しゃく】

まず、上のクリーチャー側が今までに見なかったような効果を持っていて、相手の”このクリーチャーがバトルゾーンに出た時”で始まる能力を持つクリーチャーが出た時に、そのクリーチャーをマナゾーンに送るという能力を持っている。

そして、呪文側が3コストで山札の上から1枚マナゾーンに置き、その後マナゾーンから戻しても良いという「一撃両得ヌクノカマクノカ」と似たような効果を持っている。

この呪文側のおかげで「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」は序盤でも使えて、マナが溜まり始めたら、相手の動きを制限させることができるようなクリーチャーとして使用、若しくはマナゾーンのカードを回収するかを選べるので、いつでも使える万能なカードとなっている。

「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」について

ガンバトラーG

「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」は早期に召喚することができれば、現在環境のTOPであるジョーカーズに対して有効なカードとなりえる。

理由はジョーカーズというデッキ内のクリーチャーが”このクリーチャーがバトルゾーンに出た時”で始まる能力を持ったカードが多数見受けられる。

例えば「ツタンカーネン」や「パーリ騎士」、「ジョットガンジョラゴン」、「ヘルコプ太」、あの「ガンバトラーG7」もだ。

「あたりポンの助」もだが、「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」の効果がいつトリガーするのかがよくわかってないので省いておく。

これによって、ジョーカーズ側が横にクリーチャーを並べにくくなるので、マッハファイターなどと合わせれば、相手のテンポを悪くさせることができる。

相手がジョーカーズでなくても”このクリーチャーがバトルゾーンに出た時”で始まる能力を持つクリーチャーは多いので、適当に出しておくだけでも刺さったりする可能性が高い。

また、クリーチャー側の効果は相手でも自分のターンでも発動する常在型なので、自ターンで攻撃する時に出しておけばSトリガーのクリーチャーやシノビなどが出て効果がトリガーする前に、そのクリーチャーをマナに送ることができる、擬似的な「エンターテイナー」などの踏み倒しメタに近い動きができてしまう。

あらゆるデッキタイプに採用できる可能性

グレートグラスパー

このクリーチャーの何が素晴らしいかといえばまずクリーチャー側がコスト8のパワー12000というところだろう。

これによって、グレートグラスパーというデッキタイプやゲイルヴェスパーというデッキタイプに対しても無理なく採用が可能となっている。

また、「キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語」を使った専用デッキなどでも活躍が見込める。

その他にも2ブロック構築でも使うことができる点を生かすこともできそうだ。

これだけではなく呪文側に「一撃両得ヌクノカマクノカ」に似たような効果を備えているおかげで、「ジョリーザジョニーJoe」をフィニッシャーにしたサイクリカランデスというデッキや5cなどのビッグマナ系統やコントロールでも採用できて、前後半に渡って腐ることがない万能カードとして採用することもできそうだ。

サイクリカランデスではサイクリカで前半に使っておいた「黒豆だんしゃく/白米男しゃく」を再度使い、手札に戻した後バトルゾーンに出すという動きも強そうである。

最後に

クリーチャー側も呪文側もかなり汎用性の高いカードに仕上がっており、色々なところで使えそうな感じがあるので、新弾では集めておきたいカードの1枚となるだろう。