追憶人形ラビリピトを考察。~相性のよさそうなカード紹介~[デュエマスターズ]

追憶人形ラビリピトを考察。~相性のよさそうなカード紹介~

双極編に収録されるカードの情報で「追憶人形ラビリピト」というクリーチャーの画像と効果が公式的に紹介された。

そこで、今回はこのクリーチャーと相性が良さそうなカードをいくつか紹介しよう。

「追憶人形ラビリピト」

追憶人形ラビリピト

効果は登場時に1枚ハンデスと自身のターン中に8コスト以上のクリーチャーを”召喚”するかコスト8以上の呪文を唱えた時に相手の手札を全ハンデスする。という2つとなっていて、場に出すだけで最低限の仕事をするのでかなり使いやすいだろう。

先日情報が出た「仁王の超人」と合わせて8コスト以上の~シリーズが全文明でると思われるので期待が高まる。

相性の良さそうなカード

「卍デスザーク卍」

デスザーク

まず、すぐに思いついて単純にそこそこのシナジーがあるこのクリーチャーが筆頭に上がるだろう。

夢月の門が召喚であることと、夢月の門自体が発動しやすいので簡単にハンデスできそうだ。

ただ、「追憶人形ラビリピト」をバトルゾーンに立たせた上で「卍デスザーク卍」を出さないといけないということがネックになるかもしれないので、「堕魔ヴァイシング」などと組み合わせて使うといいだろう。

「ジョルジュバタイユ」

ジョルジュバタイユ

バトルゾーンにあるクリーチャー4体を破壊することで召喚できるクリーチャーである。

同じ闇文明ということで相性はいいと思うのだが、「追憶人形ラビリピト」を抜いてバトルゾーンに4体クリーチャーを出さなければいけないというのが課題となる。

「剛撃戦攻ドルゲーザ」と「終の怒流牙 ドルゲユキムラ」

とりあえずこの2体は「追憶人形ラビリピト」のような今回から登場する8コストサイクルとの相性が良さそうだ。

どちらもシンパシーとGゼロといった早期召喚可能な効果を持っていてサポートも充実しているので出しやすいだろう。

「龍精霊ウィズダムフェウス」

龍精霊ウィズダムフェウス

ドロマーカラーでデッキを組む

4コストで追憶人形ラビリピトを出した後に「ドラゴンズサイン」から「龍精霊ウィズダムフェウス」だす。

効果で山札の上から5枚カードをみて呪文を加えた後に”スパーク”と名前にある呪文を唱える効果で「アルカディアススパーク」を唱えることで相手のクリーチャーを全タップした後に1体除去して効果で増えた手札諸々「追憶人形ラビリピト」の効果で捨てさせることができる。

場に「オニカマス」などがいれば「追憶人形ラビリピト」で相打ちをしてもいいだろう。

要求値が高そうに見えるが「追憶人形ラビリピト」が場に残ってさえいればドローソースが豊富なドロマーに加えて「龍精霊ウィズダムフェウス」のサーチ効果があるので案外どうにかなるだろう。

最後に

この「追憶人形ラビリピト」は効果が強力なだけに色々なコンボが生まれそうなので、これからの動向に注目したい。