新赤白レッドゾーンデッキのレシピをご紹介[デュエルマスターズ]

新赤白レッドゾーンデッキのレシピをご紹介

新しいデュエマフェスのパックが3月15日から登場するのだが、その交換できる景品に「奇石ミクセル/ジャミングチャフ」というツインパクトカードがある。

CSでも使える所が少しずつでてきそうなので、このカードによって強化されたデッキである赤白レッドゾーンを今回は紹介しよう。

赤白レッドゾーンデッキ

赤白レッドゾーン

このデッキの特徴

“”とにかく速い””それに尽きる。

先行の場合は「異端流しオニカマス」などの2コストのメタカードでも間に合わない速度で侵略することができる。

今までの赤白レッドゾーンと違うのがツインパクトカードの登場による安定性が増したことだ。

先日の全国大会の情報でサーチカードを使った時に、呪文としてもクリーチャーとしても回収はできると述べていた(とりあえず暫定)。

この時、「ロジックサークル」によって回収できるカードが「ヘブンズフォース」と「奇石ミクセル/ジャミングチャフ」、「暴走ザバイク /ブンブンバースト」の3種類になって手札になくて欲しいと思ったカードを持ってこれるようになったのである。

これによってかなり安定して動くことができ、相手に合わせることができる柔軟な対応がレッドゾーンというデッキタイプでできるようになった。

赤白レッドゾーン

採用カード解説

「暴走ザバイク /ブンブンバースト」

暴走ザバイク

このカードの強い所は、何と言っても2コストで敵の「洗脳センノー」や「エンターテイナー」、「奇石ミクセル」といったレッドゾーンで出されたら辛いカードを破壊できる所だろう。あとは先ほど述べたように「ロジックサークル」でデッキから持ってこれることだろうか。

4マナある時に、2コスト「ブンブンバースト」2コスト「ヘブンズフォース」で動けるときもある。

双極編1弾が始まるまでは「ザレッド」でも問題なくデッキは機能するので待てない人は入れ替えて使うといい。

「奇石ミクセル/ジャミングチャフ」

奇石 ミクセル

まじ強い。相手のデッキにトリガークリーチャーが多かったり、ドルガン剣相手にはとりあえずクリーチャーとして出しておけばなんとかなる。「ロジックサークル」のおかげで2ターン目に出せないということがほぼ無い。

また、相手のデッキに呪文トリガーが多ければ4ターン目に侵略元出して5ターン目で「ジャミングチャフ」として使い侵略して殴ればだいたい勝てる。

超音速ターボ3

超音速ターボ3

赤白レッドゾーンというデッキの特性上どうしても手札が足りなくなってしまう。なのでこのカードはほぼ必須である。

「ヘブンズフォース」から動く場合に握っておきたいことも多いので4枚採用してもいいかもしれない。

ヘブンズフォース

ヘブンズフォース

2マナで4コストまで出せるので基本的には侵略元を出す。「ミラダンテⅻ」を革命チェンジで出された後に呪文を止められていなければ「ヘブンズフォース」から動くことができる。

また、禁断の封印が残り1枚のときにトリガーして侵略元のいずれかを出すと「ホーリー」に似た動きができて返しで勝てるチャンスができる。

プレイング解説

2ターン目に「ヘブンズフォース」侵略するということはほとんどしない、その動きをするのは相手の盾が薄いか次に相手がメタカードを出してきそうな時のみである。

理想的なのは、2ターン目に「ヘブンズフォース」で侵略元を出しておき、3ターン目に「奇石ミクセル」を出して殴るという動きだ。

相手がジャバランガループやロージアダンテ、ビマナだった時は5マナまで我慢して「ジャミングチャフ」を唱えることで安全に攻撃することができる。

相手の手札とデッキに合わせてプレイングをすることを心がけて侵略するタイミングを計るとうまく使えるだろう。

入れ替えカード候補

轟速ザレッド

  • とりあえず「轟速S」と入れ替えてもいいだろう。

禁断の轟速レッドーゾーンX

  • 侵略先が足りないと思ったり、「デスマッチビートル」が流行ってくるなら採用したいカード。
  • 禁断から落ちて侵略できるという点も強いので適当に採用しても一定の役割は果たしてくれるだろう。

スローリーチェーン

  • 「ホーリー」だけではトリガーが足りないという人や、光が足りないと思ったら2枚ほど採用していいカードである。

超次元サプライズホール

  • トリガーが付いていて、ブロッカーを出したりアンタッチャブルクリーチャーの「アンタッチャブル」を出せることと、ロジックサークルでサーチできるのでもっと安全に勝ちたいと思ったら採用してもいいかもしれない。

最後に

ドルガン剣よりも速く動けるデッキの赤白レッドゾーンだが、今の環境デッキに飽きたぞという人にはぜひ握ってもらいたい。

笑えるほど速く柔軟に動けるのがかなり楽しいので強くオススメする。