環境デッキ 今年出た種族の1年間の振り返り(ビートジョッキー編)[デュエルマスターズ]

環境デッキ 今年出た種族の1年間の振り返り(ビートジョッキー編)

今回は以前のジョーカーズの振り返りに続き、ビートジョッキーの1年間を振り返っていこう。

ビートジョッキー 特徴

ジョーカーズと同じく「新1弾ジョーカーズ参上!!」にて初収録された。

ビートジョッキーといえばコストを軽減してバトルゾーンに出し、ターンの終了時に破壊される”B・A・D”という能力が1番の特徴だろう。

実はこのBADは第一弾の発売から約2ヶ月後に発売した「NEWヒーローデッキボルツのB・A・D」に初めて登場した能力であり、それまでビートジョッキーはイマイチよくわからない種族だったのを一蹴し、ビートジョッキーといえばBADを使った速攻という風潮になった。

また構築済みデッキで3ターンキルができるということに驚愕した人もいるのではないだろうか。

罰怒ブランドLtb

新2弾での本格的始動

ビートージョッキーの象徴であるBADは「新2弾マジでB・A・Dなラビリンス」で、本格的に始動が開始した。

目玉カードであるマスターレアの「”罰怒”ブランド」がかなり強く、ビートジョッキーに縛られないマスターBADと火のクリーチャー全てにスピードアタッカーを与える効果を使った、赤単ジョッキーやGゼロ能力を持ったアウトレイジなどを合わせた赤単ブランドが流行り2年前のレッドゾーン的な立ち位置となった。

罰怒ブランド

新3弾、新4弾での失速

新3弾、新4弾では火文明ジョーカーズの登場によって火文明の枠が取られてしまい、あまり強化を得ることができなかった。

しかし、第2弾までのカードでも十分に勝てる力があり、エリア代表決定戦などではその速さとカードパワーから使用率も高かった。

特に限定構築戦での「ランド覇車ガンブルマン」には悩まされたはずだ。

新4弾では「龍装チュリス」といういつかは出るかもしれないと思われていた、BADをもち5マナで BAD2を使って3マナ程度で出せるビートジョッキーが本当に出現した。

このカードはビートジョッキー、というよりもドギラゴン剣の革命チェンジ元専用として使用されている。

1年を通してビートジョッキーらしく速攻で成り上がり、後半に失速してしまった感がある。

ランド覇車ガンブルマン

龍装チュリス

環境内でのデッキの変化

初期の頃は先ほども述べたようにビートジョッキー主体の純正赤単ジョッキーと「単騎マグナム」や「無重力ナイン」、「一撃奪取 トップギア」といったアウトレイジを主体にして「罰怒ブランド」でスピードアタッカーを与える赤単ブランドというデッキが環境内にいた。

そして、「罰怒ブランド」の研究が進み単騎ラフルルを速攻で揃える”赤青ブランド”というデッキが登場した。

赤単色のものと比べてしまうとさすがに速さでは劣るが、赤単色の弱点であったトリガーをケアできるのと手札の枯渇というのをを全て克服していたので環境内でもトップにいた。

特に、「クロック」や「プラチナワルスラ」、今でも強い「オニカマス」を無理なく積むことができるという強みもあった。

この赤青ブランドというデッキは今現在で使用率トップとも言える

赤青ドギラゴン剣の原点となっている。

今現在のビートジョッキーは「ラッシュ”ATK”ワイルド」を使ったビートジョッキー主体のデッキがひっそりと使われている。

双極編ではまたテコ入れをして、ドルガン剣以上の速さを追求してもらいたい。

赤青バスターのDMvault優勝デッキレシピを解説[デュエルマスターズ]
赤青バスターは新環境DMVault大会で1月31日参加人数76人で優勝、2月5日参加人数102人でベスト4、そして2月9日の大会で優勝といく結果を残している。今回はその赤青バスターデッキを解説。
環境デッキ 今年出た種族の1年間の振り返り(ジョーカーズ編)[デュエルマスターズ]
現在の環境デッキである「ジョーカーズ」に焦点をおいて1年間を振り返っていこう。ジョーカーズは3月25日にスタートデッキと拡張パック第1弾ジョーカーズ参上の同時発売で初めて登場した。