ギリガザミはジャバランガループにとって厳しいジョーカーズ対面の希望となるか?

ギリガザミはジャバランガループにとって厳しいジョーカーズ対面の希望となるか?

ジャバランガループを使ってる方はご存知だと思うが、ジョーカーズと対面しているとどうしても「洗脳センノー」というカードが辛い。

それは、単純にクリーチャーを「阿修羅サソリムカデ」や「戒王の封」などで墓地から出せなくなるからだ。

「オニカマス」などの登場時能力は発動するタイプだったらどうにかなるのだが、そもそも出せないとなるとこちら側はお手上げ状態になる。

それならば、相手のターン中にトリガーなどからループしてしまえばいいのでは?

と思うかもしれないが、ジョーカーズには「ジョジョジョ・マキシマム」というカードがあるため、呪文が唱えることができずに負けてしまう。

ジョーカーズ以外には勝てる可能性が高いのでジョーカーズは切ってもいいが、これから強化が入ることが確定してる。

そして何より強力なデッキタイプなので一定数は使う人がいることから対策はしたほうがいいだろう。

そこで、今回は今騒がれている裁定とジャバランガループの強化になり得る「唸る鉄腕 ギリガザミ」の紹介をしよう。

唸る鉄腕 ギリガザミ

唸る鉄腕 ギリガザミ

  • スーパー・S・トリガー(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーにS能力を与える)
  • このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。その後、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻す。
  • S-このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、コスト9以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の手札から唱えてもよい。

普通のトリガーとしての効果は1枚引いて1体バウンスというミラダンテに引っかからないアクアサーファーの上位版といったところだろう。

そして、なんといってもスーパーSトリガー(以下SST)の能力が強くて、手札からコスト9以下の呪文を唱えることができる。

コスト9以下だったらなんでも唱えることができて、新弾に収録される「ツインパクト」のクリーチャーと呪文一体化のカードとの相性もいいと感じている。

裁定について

この「唸る鉄腕 ギリガザミ」によってクリーチャートリガーの効果発動タイミングが話題になっている。

現在の裁定では、例えば、「ジョジョジョ・マキシマム」の効果を受けた「ヤッタレマン」がシールドを5枚ブレイクした時に「唸る鉄腕 ギリガザミ」がトリガーしてSSTを発動できる状態になっているとする。

1番目の効果で攻撃中の「ヤッタレマン」をバウンスすると効果を受けた「ヤッタレマン」は場を離れるので、攻撃中という状態ではなくなり、その結果2番目の効果で呪文を唱えられることができる、という風に裁定が出されている。(暫定回答)

もちろんそれまでにトリガーした呪文のSトリガーは宣言もできないので唱えることはできない。

最後に

この裁定によって青黒ジャバランガループは「唸る鉄腕 ギリガザミ」を使い「ジョジョジョ・マキシマム」を掻い潜ることで、勝てるようになるのではないかと言われれている。

ジョーカーズにさえ勝ててしまえば青黒ジャバランガループはさらに強みが増すので、今後に期待したい。

黒緑ジャバランガループデッキレシピ紹介【デュエルマスターズ】
今回は黒緑ジャバランガループデッキレシピ紹介。このジャバランガループデッキは速度を求めてループに特化させることにより、次の環境に適応するのではないかと考えた結果黒緑となった。