2018年新環境適応ジョーカーズのデッキレシピを公開[デュエルマスターズ]

2018年新環境適応ジョーカーズのデッキレシピを公開

デッキ解説

ジョーカーズ

ジョカーズ

今回紹介するのは新環境で強いと予想されているジョーカーズだ。

今回のサンプルレシピの特徴として、

シールドトリガーを不採用としている。

初期はハクションマスクを採用していたのだが、

  • 相手からのケアが容易であること
  • 手打ち出来る強さはあるが、破壊対象を自分で選べないこと
  • 埋まればターンが必ず帰ってくる訳でもないトリガーを4枚だけ入れたところで勝率に影響しないと考えられたこと

上記の事が要因となり、シールドトリガーを全切りとした。

ハクションマスクの枠に採用したカード

ハクションマスクの枠に投入したカードが、あたりポンの助とジョリーザジョニーだ。

[あたりポンの助の採用理由]

あたりポンの助

唸る鉄腕ギリガザミの裁定変更により、ジョジョジョマキシマムの対象を受けているクリーチャーのアタック中であってもギリガザミの効果でバウンスした後にSSTで呪文を唱えればその呪文は発動出来るようになってしまった。

そのため、今まで洗脳センノーで遅延してジョジョジョマキシマムを撃ち込むだけでイージーウィン出来ていたサソリムカデジャバランガループに対して大きく勝率を落としてしまうことになった。

そこであたりポンの助に目を付け、このカードで唸る鉄腕ギリガザミを指定すれば、トリガー効果を使えなくさせることが出来るため今まで通りのジョジョジョマキシマムを利用したイージーウィンが可能であると考えた。(そもそもサソリムカデを指定するのも除去されない状況ならばアリだろう)

同じような役割を持つカードとして消王ケシカスが存在するが、対ドギラゴンバスターを考えた際にメガマグマドラゴンをケアするのであれば、ケシカスの場合は結局ジョーカーズの枚数が自身の効果で減ってしまうため、あたりポンの助の方が打点が残ることやジョジョジョマキシマムのGゼロの対象になることを評価しあたりポンの助の採用となった。

[ジョリーザジョニーの採用理由]

次にジョリーザジョニーの採用意図だが、単純なグッドスタッフと捉えてもらっても良いだろう。

勿論構築段階ではきちんとした意図があり、赤黒バスターのボルシャックドギラゴンに対して、ジョジョジョマキシマムで打点数を増やしたジョリーザジョニーが非常に強力であると考え採用していた。

実際にこのカードは強力であり、赤黒バスター以外にもブロッカーが並んでジョジョジョマキシマムやダンガンオーが通りにくい時(サザンルネッサンス等)や、ジョーカーズミラーで相手のハクションマスクをケアしながらのEXウィンを狙えるなど強い場面は多い。

しかし、他に採用したいカードがある場合は抜いてもいい枠だと考えている。

そこは自分の地域の環境や好みに合わせて変えると良いだろう。

最後に

チョコっとハウス

最後にチョコっとハウスとヤッタレマンはどちらを2t目に優先して出した方がいいのかについて軽く触れて締めようと思う。

チョコっとハウスが優先されるのは主に2000以下除去を持っている相手や、序盤に相手の2500以下のパワーを持つクリーチャーがタップされる相手である。

  • 墓地ソース
  • デスザーク
  • メタリカ  等

また、4tダンガンオーを目指す場合にヤッタレマンの場合は墓地にカードがあり尚且つ手札にパーリ騎士、もしくは2枚目のヤッタレマンが要求されるが、チョコっとハウスの場合は3t目に1点刻むことで1マナ増えるため、墓地にカードがある場合のパーリ騎士もしくはヤッタレマンの要求になる。

そのため初手にヤッタレマンとチョコっとハウスとダンガンオーが見えている場合はチョコっとハウスから出した方が良い場面も多々ある。

それ以外の場合や、上からヤッタレマンを引けるという自信がある場合はヤッタレマンを出した方が良いだろう。

↓低予算ジョーカーズのデッキレシピはこちら

低予算ジョーカーズデッキをご紹介[デュエルマスターズ]
低予算で組むことができるジョーカーズのデッキレシピをご紹介。手頃な価格で制作できる上に店舗で開かれているデュエマフェス等で優勝を目指すことも可能。