低予算メタリカデッキをご紹介(”18/02/08)[デュエルマスターズ]

低予算メタリカデッキをご紹介

先に言うがこのデッキは6000程度で作成可能だ。

また調整パーツを組み替えれば5000円まで下げれる。

その値段で公認大会優勝できるレベルまでのスペックを持っている。

デッキ紹介

メタリカデッキ

デッキコンセプト

デッキコンセプトとしては「一番隊 クリスタ」や「奇石 マクーロ」などの小型メタリカを展開しつつ「ジャスト ラビリンス」や「龍装者 バーナイン」などでドローしてハンド補充する。

最後は「気高き魂 不動」「ファイナル・ストップ」などでシールドトリガーをケアしながら殴るというデッキだ。

また裁きの紋章の呪文で相手の動きを制限することも可能なので非常に幅広いプレイングが取れる。

採用カード解説

「気高き魂 不動」

気高き魂不動

  • NEO進化:自分の光のクリーチャー1体の上に置いてもよい。(クリーチャーが下にあれば、これをNEO進化クリーチャーとして扱う)
  • W・ブレイカー
  • 自分のNEOクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を裏向きのまま、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに置いてもよい。
  • 自分のクリーチャーがバトルゾーンから自分の墓地以外のゾーンに置かれる時、かわりにバトルゾーンにとどまる。

このデッキの中で一番値段が高いカード。

採用理由はこの一枚で相手に大きなプレッシャーを与えられるのだ。

またこのデッキの苦手な「テック団の波壊Go!」をケアしてくれる優れもの。

フェニッシャーとして申し分ない働きだ。

「ハヤテノ使徒」

ハヤテノ裁徒

  • 各ターン、自分が唱える1枚目の呪文のコストを1少なくする。ただし、コストは0以下にならない。

このデッキはメタリカを展開しながら「ジャスト ラビリンス」などの呪文も打っていかなければならない。

なので2コストの動きから「隻眼ノ裁キ」や「ファイナル・ストップ」などの4コストに繋がるこのカードは必須である。

また1マナ足りない!などのミスもケアしてくれるようになる。

デッキ強化案

ではこのデッキを強化した場合どのようなカードが投入されるのだろうか

「絶対の畏れ 防害」1300〜1500円

絶対の畏れ防害

  • 相手が自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそれを山札の一番下に置く。
  • 相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、自分の手札は捨てられない。
  • 相手の動きを止めながら自分の手札を守る。
  • 尚且つメタリカとの相性が良い。
  • スペックが高く、多くののデッキに採用されている。

「赤攻銀マルハヴァン」1000〜1300円

赤攻銀マルハヴァン

  • シンパシー:コスト3以下のクリーチャー(このクリーチャーを召喚する時支払うコストは、バトルゾーンにある自分のコスト3以下のクリーチャー1体につき1少なくなる。ただしコストは0以下にならない)
  • ブロッカー
  • W・ブレイカー
  • 自分のコスト3以下のクリーチャーが破壊された時、このクリーチャーをアンタップする。
  • 自分のコスト4以上のクリーチャーが破壊される時、かわりに自分のコスト3以下のクリーチャーを1体破壊してもよい。
  • 場にメタリカが並べば1コストで出せる。
  • 場持ちが良いブロッカーとフェニッシャーの両方を兼ね備えた。
  • また「気高き魂 不動」との相性も抜群だ。

また白単メタリカというデッキはCS(チャンピオンシップ)という大きな大会で準優勝を飾ったこともあるデッキタイプだ。

これを機に頑張って組んでみてはいかがだろうか。