契約マチュー出現!悪魔の契約、ラブエルフィンが高騰【デュエルマスターズ】

悪魔の契約、ラブエルフィンが高騰

今の今まで見向きもされなかったカードが、一瞬にして高騰するというのを初めて見たような気がする。

今回は一気に高騰したカードの紹介とともに”名前”のすごさをお伝えしたい。

まず、高騰したカードは大体3種類ほどある。

1枚目が今回の目玉である

『爆獣 マチュー・スチュアート』だ

自然文明
4コスト
パワー2000
ドリームメイト/ナイト

  • 自分が呪文を唱えた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いてもよい

4コストでパワー2000なのでコストのわりにパワーが低いTHE昔のクリーチャーといった感じである。

能力もシンプルで呪文を唱えたときにマナを1枚増やすというものだ。

ただし、似たような効果を持つクリーチャーがいない画一性のあるカードなので、このカードを使った「契約マチュー」という専用デッキで採用された。

このデッキは別にCSなどで結果をバンバンだしているという訳ではなかったので、集めている人も少なく、市場に出回っていなかった結果、高騰したのだろう。他に代用できるカードがないというのも理由になるだろう。

2枚目は『ラブ・エルフィン』だ

自然文明
2コスト
ツリーフォーク
パワー1000

  • このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分の呪文を唱えるとき、支払うコストは1少なくなる。ただし、コストが1のときは少なくならない。

こちらも「契約マチュー」に採用されるカードで、4枚必須である。2コストで自然の呪文のコスト軽減ができる。こちらもやはり代用できるカードがない。

3枚目は『悪魔の契約』である。

闇文明
呪文
2コスト

  • 自分のマナゾーンから好きな枚数のカードを自分の墓地に置く。その後、その枚数と同じ数のカードを引く。

このカードも代わりになるカードがない。「ラブエルフィン」と「爆獣 マチュー」が場にいる状態だと実質マナを減らすことなく手札を大量に増やすことができるので「契約マチュー」には欠かせないカードである。

この3枚に共通していることが、近年で再録を一度もしていないということ、デッキを作成する際に4枚必要になるということ、代わりになるカードがないということから「契約マチュー」内のこの3枚が高騰したと考えられる。

youtubeの影響力の高さ

この「契約マチュー」というデッキは突然、有名なDMyoutuberによって紹介された。

この動画を見た方々がデッキを作ってプレイしてみようとこぞってカードを集め始めた結果が今回の高騰である。

CSでも見たことがないデッキタイプだったのだが、有名な人が紹介することによって動画を見るたびに「このデッキは強そうだ」、「今後の環境でも勝てる」と思わせるほどの言葉の力と影響力の強さを感じる。

これが何も実績のない我々が「契約マチュー」を紹介してここまで高騰しただろうか?いや、絶対にしなかっただろう。

「契約マチュー」というデッキは最近のカードをほとんど使用していない。

このようなデッキが出てくることによって昔のカードを見直すいい機会になったと思う。

そして、多くの人が「契約マチュー」を組みデッキ内容を考えることによって、製作者が思いもしなかったカードを採用し「契約マチュー」がさらに強くなるかもれない、今回の高騰は「契約マチュー」を紹介したyoutuberさんとデッキの製作者さんの影響力と意外性がよくわかる高騰だった。

最後に

今回の高騰で動画の製作者さんに「デッキ作ろうと思ったのに…高騰してしまった」や「欲しかったのに高騰したじゃん」等高騰した理由を人に向けている方がいるが、本当に作りたい人は高くなっていても購入し作成する。

このように、高騰の理由を人に向けて攻めるのではなく、そのデッキの作成者の力を褒めるべきだと思う。

今回の「契約マチュー」を世に出し、新たなデッキを知ることのできる機会を与えてくれたことに感謝している。