再注目!闇鎧亜ジャック・アルカディアスの価値の見直し【デュエルマスターズ】



闇鎧亜ジャック・アルカディアスの価値の見直し

2017年度のデュエルマスターズは、タダだしに対する強力なメタカードが何枚も登場したが、それでも革命チェンジを主体にする「ドギラゴン剣」というデッキは苦しくなりながらも諦めずに戦い、環境の上位に位置することができた。

今回はそんな「ドギラゴン剣」というデッキを支え、最近価値が見直されつつあるカードを紹介する。



『闇鎧亜ジャック・アルカディアス』効果・能力

火/闇文明
コスト4
スピリット・クォーツ/ロスト・クルセイダー
パワー1000

  • スレイヤー
  • このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある相手のコスト4以下のカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

このカードはクロニクル・レガシー・デッキアルカディアス鎮魂歌に新規収録したクリーチャーである。

初めはこのカードを見たときにがっかりした方も多いのではないだろうか?

当時は「サイバーダイス・ベガス」などが横行しており、コスト4以下のカード除去ではもの足りず種族もお世辞にも強い種族とは言えなかったので、ストレージコーナーに入るお店もあった。

そんな誰も見向きもしていなかったこのクリーチャーが最近では注目され、「クローシスドギラゴン剣」等のデッキに投入され始めた理由とは?

再注目理由

「白緑メタリカ」や「緑ゲイルヴェスパー」といったデッキタイプの登場によって「洗脳センノー」や「異端流しオニカマス」以外にも「絶対の畏れ防鎧」、「デスマッチ・ビートル」が使用されるようになったので、「オニカマス」以外のメタカードを破壊できる。

さらに、「Mの悪魔龍 リンネ・ヴィーナス」から蘇生、メタカードの除去、「リンネヴィーナス」革命チェンジの流れができる点も評価された。

その他にパワーが高くコストが低いクリーチャーを除去できるのが便利である。

「ジャック・アルカディアス」はカード破壊効果の方に目がいってしまいがちだが、Sトリガー能力とスレイヤー能力が予想以上に強い。

トリガーから破壊効果使って、自ターンにスレイヤーでパワーが高いクリーチャーと相打ちとって計2体除去できたり「リンネヴィーナス」や「ドギラゴン剣」の能力でスピードアタッカーを得ることができるので、同じように破壊効果とスレイヤー自爆特攻を合わせることができる。

最後に

「ジャック・アルカディアス」のようにコスト指定でカード破壊できるカードはこれからも使うようになる可能性があるので「ドギラゴン剣」使い以外の方も2枚くらいは集めていて損はないだろう。

絶対必要ないという方は今のうちに買い取りの高いお店やメルカリなどで売ってしまっていいと思う。