2018年1月現在の環境デッキを使いこなすテクニックをご紹介【デュエルマスターズ】

環境デッキテクニック紹介

皆さんは色々な環境デッキを使ったことがあると思う。

今回の題として「そのデッキ、100%使いこなせているの?」

例えばモルトNEXT、クローシス剣、ロージアダンテ、青黒ハンデス、ジョーカーズetc

100%のポテンシャルを引き出すことが出来れば自然と勝率は上がってくる。

今回は100%近くまでまで引き上げるのに必須なシークレットテクニックを少し紹介する。

シークレットテクニックとはその名の通り隠された技術だ。

それでは紹介しよう。

モルトNEXT


ジョーカーズや赤青罰怒ブランドなどの除去が少ないビートダウンのデッキに対して「永遠のリュウセイ・カイザー」「伝説のレジェンド ドギラゴン」などで確実に負けない程の盤面を作った後にお互いの山札の枚数を確認する。

自分の山札の枚数が多ければそのまま減らさずに制圧しきりドローエンドをとり勝ちまで持っていける。

利点としては「閃光の守護者 ホーリー」や「終末の時計 ザ・クロック」などの殴る際の裏目を全て消して勝つことができる。

実質単騎ラフルルである。

クローシス剣

*クローシスとは火、水、闇を主体としたデッキカラー

モルトNEXT対面の場合、「勝利のアパッチ・ウララー」などを使い「熱血龍 バトクロス・バトル」がシールドトリガーで出ないことを願いながらジャスキルを通しにいくことが多いと思う。

だが「アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>」の水のハンターは攻撃されないという効果を最大限に利用して、「アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>」で「単騎連射 マグナム」「音精 ラフルル」を探しにいきつつ「勝利のリュウセイ・カイザー」で「蒼き団長 ドギラゴン剣」の革命チェンジ元を作る。

「ウソと盗みのエンターテイナー」でバトライ閣ケアをする。

「Dの博才 サイバーダイス・ベガス」を貼っておくとなお良いだろう。

ここの3体に共通することは「伝説のレジェンド ドギラゴン」をケアしているということだ。

ドギラゴン剣のデッキタイプとして殴らなければ勝てない。その為に「伝説のレジェンド ドギラゴン」ケアは必須である。

ジョーカーズ

ここでは最近話題のエクストラウィンの形ではなく「破界秘伝 ナッシングゼロ」を使ったジョーカーズのことだ。

禁断入りのジョーカーズだったとして攻撃しに行く際「破界秘伝 ナッシングゼロ」使った際に1枚外してしまった。その際に1枚シールドが残るので「テック団の破壊Go!」がラストの盾にあると怖い。

その時に攻撃中のクリーチャーに「破界秘伝 ナッシングゼロ」の効果を与えるのではなく何もしていないクリーチャーに与えることで1枚だけしかブレイク出来ないのでリスクをケアすることができる。

まだまだデッキタイプはいるが紹介するのは別に機会にする。

君たちも自分でシークレットテクニックを開発してみよう。