CS準優勝:ゲイルヴェスパーのデッキレシピを解説【デュエルマスターズ】



神速CS準優勝ゲイルヴェスパー

デュエマ工房:こもがさん執筆


【戦績】

  • 準優勝
現環境では白緑メタリカの台頭により見劣りしてしまう部分もある。
しかし新弾ではジーク・ナハトファルターなどの強化もあることから、今後も目を離せないデッキタイプの1つになってくることだろう。

カード解説

【トレジャーマップ】4

【ジャンボラパダイス】2枚

  • サーチ札。
  • ジャックを持ってきて速度を上げられること、トテントンを持ってこれば繋げることができ安定して動けるため、トレジャーマップを優先した。

【界王類七動目ジュランネル】4

  • 軽減札。コレンココタンクでマナを伸ばしてビートプランもできる。
  • トテントンでドローしたいのでトテントンが場にいない場合は優先して出す必要はない。

【ベイBジャック】4枚

  • 採用することで速度を上げることができる。
  • ゲイルヴェスパーさえ出してしまえば、ほぼ1マナで新たにクリーチャーを出すことができるので無限に展開できる。

【デスマッチビートル】4枚

  • 軽減札かつ踏み倒しメタ。
  • バスター対面はデスマッチ2体、バイク対面はジュランネル1体とデスマッチ1体の盤面を作ることで相手の動きを鈍らせることができる。

【トテントン】4枚

  • この1ドローが凄い。
  • これで12000以上を引き続ければ可能性は無限大。
  • ゲイルの軽減はトテントンにもかかることを忘れずに。

【コレンココタンク】3

  • ゲイル+コレンココを抱えれればとても繋がりやすくなる。
  • 盤面4軽減からゲイルを出すケースはよくあるのだが、そのあとコレンココを1マナで出すことができる点でキキリカミよりも優先した。正直もう1枠とりたかったカード。

【ゼノゼミツ】4

  • トリガー枠。
  • 腐る場面もあるが踏んでもらった時のアドバンテージが大きすぎるため採用。
  • オリオティスなどを無理やり除去するために使うこともある。

【天風のゲイルヴェスパー】4

  • 核。重ね合わせることもできるので、2体出せばほとんどの場合全部1マナで出せる。

【古代楽園モアイランド】2

【「修羅」の頂VANベートーベン】2

【界王類絶対目 ワルド・ブラッキオ】1

  • フィニッシュ札。
  • 対面に合わせてキープする札を選ぶ。

【超絶奇跡 鬼羅丸】1

  • ただのロマン法ではなくちゃんとした採用理由もある。
  • 盾を全部割られてから次のターンで決めに行くとき、モルネク対面ならベートーベンを出せば勝てるが、ジョーカーズ対面はそうはいかない。
  • ターンを返してしまうとハヤブサマルを抱えていてもジョリーザジョニーを出されると負けてしまう。そこで全体にSAを与えることでそのターンのうちに決めることができるため採用した。
  • 普通にだしてもジャックがあれば使えるマナが増えることもある。

【光牙忍ハヤブサマル】1

  • ターンをもらうための札。
  • ブロッカー付与は誰でもいいので、でっかいブロッカーを作ることもできる。

以上こもがでした。