CS高成績!紅茶派閥よざくら作成ドロマーロージアのデッキレシピを公開!【デュエルマスターズ】



CS高成績!よざくら作成ドロマーロージア!

今月のCSで3位とベスト8に入賞した『ドロマーロージア』を今回は解説していこう。

デッキレシピ

まず【ロージアミラダンテ】というアーキタイプの長所と短所を並べていく。

長所
ビート系統に強く出れるトリガーが多く積まれている。
ミラダンテとミラクルストップを用いることで安全にゲームを決めにいけ、相手のデッキによっては1度革命チェンジすれば勝ちのところまで持っていける。
短所
ループデッキに弱い傾向がある。
型によっては、ビートに禁断が採用されていると勝率がぐっと下がる。
初動がドローソースの為本格的に行動出来るのが5ターン目以降になる。

ざっと並べてみるとこんな感じ。

今回はドロマーロージアを使用した訳だがなぜドロマーカラーなのか

正直そこは環境をみて変えただけだ

nextが多いならドロマーより尖っている青白にすればいいし、環境にいるデッキ数が異常におおければ青白より器用なドロマーが適していると思う。

さて、ロージアの話を終えたところで構築の話

解体人形ジェニーではなく裏切りの魔狼月下城なのか

個人的には解体も魔狼も両方強いとは思う
ピーピングハンデスができ、打点にもなる解体
同じ4ターン目に理不尽3ハンデスが出来る魔狼

この中で魔狼を選択したわけだが、多色がやや少なめにしているこのリストで3ハンデスが成功するのか?と思われる方もいるだろう

結論から言うとこのデッキの魔狼は4ターン目に3ハンデスすることを目的に採用されていない
もちろん初手に多色がたくさんあり、4ターン目に武装を達成出来るならキャストする。

だが武装が達成されていなくても1ハンデスは出来る。
この2マナ1ハンデスというのが大きくてアグロ系統やループ系統のデッキに大きくささる。

解体人形では間に合わないことが多いと判断し今回は魔狼を採用している。

呪文ということもありミラクルスターで再利用出来るのもいい。

テック団とエメラルーダ4枚採用理由

現在環境では『白緑メタリカ』が多くのCSで結果を残している。
ロージアではかなり不利ではないか?
なぜ白緑メタリカがこんなにも勝っているのにロージアをつかうのか?

と言われることも多い。
もちろん勝ち筋を決めてデッキを作っている
それでも有利とは言えないが不利だからと言ってなにも対策しないのは論外。

5ターン目にエメラルーダをキャスト、盾をとりテック団を埋める(ここでミラスト打てるとターン帰ってくることが多い)、エメラルーダでテック団キャスト、5以下バウンスからエメラルーダ革命チェンジミラダンテ

これが黄金パターン
みてわかるとおり相手の妨害札が通じない
デスマッチビートルも最新デッキに入っている防鎧もこのパターンでは一切関係ない

このようにして白緑メタリカに対して勝つ

このパターンで使用したカードは
エメラルーダ×2
テック団×1
ミラダンテ×1(2枚目あるとなお良い)
(ミラクルストップ×1)

もうお分かりだろう
これらを5ターン目までに引かなければならないため、最大枚数採用している。

だがもちろんこれは5ターン目までターンが返ってくればの話。
最速を決められたり後手を取ったりして負けることは多いので注意。

他の方のドロマーロージアと違うのはこの当たりだと思う。
他のカードはみなさんも大体ご理解頂いている事と思うので割愛。

ロージアミラダンテはプレイがかなり重要で、正直ただ引きが強いだけでは勝つことは難しい。
それ故にとても楽しく、勝った時の嬉しさは大きいので是非使ってみて欲しい!

以上よざくらでした。