秘精甲冑メタルバグが高騰理由を解説【デュエルマスターズ】



秘精甲冑メタルバグが高騰理由

最近は白緑メタリカが爆発的に入賞しいている。

その中でも、異質なカードが投入されている型の白緑メタリカが入賞した。

そのひときわ目立つカードとは?

『秘精甲冑 メタルバグ』である。

この「秘精甲冑 メタルバグ」が白緑メタリカに投入され、入賞したことによって高騰し始めている。

以下に「秘精甲冑 メタルバグ」の能力を踏まえた上でこのカードが採用される理由を解説する。

種類 クリーチャー
文明 自然
種族 ビークル・ビー/セイント・ヘッド
パワー 2000
コスト 3
■自分の火のクリーチャーと光のクリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

このクリーチャーは、光のクリーチャーのコストを下げることができるので「クリスタ」と同じように使うことができる。

そして、「ユニバース」や「ソルハバキ」、「マリエル」のコストを下げることもできるので5枚目の「クリスタ」として採用することができる。

なぜ、「フィーバー・ナッツ」ではなく「秘精甲冑 メタルバグ」が採用されるのか?

「フィーバーナッツ」は、すべてのクリーチャーのコストを1下げることができるという利点があるが、相手が出すクリーチャーのコストも1下げてしまう点が、白緑メタリカではネックになってしまう。

その他の理由としては、ドルマゲドンの封印解放で「フィーバーナッツ」だと破壊されてしまう点がある。

正直、2体のクリーチャーにそこまでの差はないが、相手のクリーチャーのコストを下げたくないが自分のクリーチャーのコストは下げたいという方は、「秘精甲冑 メタルバグ」を採用するといいだろう。

また、「秘精甲冑 メタルバグ」を持ってなくて軽減が欲しい方は「フィーバーナッツ」でもいいだろう。「フィーバーナッツ」は「ステップル」を同時に採用するときに実質0マナでマナとクリーチャーを増やすことができる。

「秘精甲冑 メタルバグ」はこれから採用する人が増えてさらに高騰する可能性もあるので是非1枚は入手しておいても良いだろ