墓地ソースがイワシン登場により大幅強化されたのでデッキレシピとデッキ解説【デュエルマスターズ】



墓地ソースデッキレシピ&デッキ解説


製作者:稲や@ガシャゴズラ

~デッキのコンセプト~

コンセプトは以前からある墓地ソースと大体同じで、墓地にクリーチャーを貯めて「クロスファイア」や「5000gt」を早期に召喚して相手の動きを抑制しつつ殴って 勝ちにいくデッキである。赤青ブランドのように「5000gt」と「ワルスラ」からのラフルルなどでトリガーやベガスに対抗できるのが強い。

そして、「イワシン」と「爆撃男」が新たに加わることで以前より、デッキ内のクリーチャーの数が増え、墓地に送るカードの種類が増えたのでさらに使いやすくなった。

~デッキを使用した感想~

今の環境で「クロスファイア」と「5000gt」という大型クリーチャーが「オニカマス」と「洗脳センノー」に刺さらないのが強かった。

3ターン目くらいから「ワルスラ」や「クロスファイア」といった大型クリーチャーで殴っていけるのが強いと感じた。初動である「アツト」か「ノロン」が引けなかったときに2ターン目に墓地にカードを置けないのが辛いが、それでも3ターン目に「ワルスラ」を出すことに成功すれば意外と勝てたりすることが多かった。

何が言いたいかというと、「ワルスラ」が強いのである。単純に3ドローで1枚カードを墓地に送れるのはずるい。



墓地ソース採用カード解説

【[問2] ノロン↑ ・ 戦略のD・H アツト】

  • 2ターン目に出せたら強い初動である。正直2ターン目「イワシン」や「オニカマス」は強くない。
  • どちらも2枚引いて2枚カードを墓地に送ることができるので、欲しかったカードを持ってくるかつ、いらないクリーチャーを墓地に送って「クロスファイア」と「5000gt」の召喚につながる。
  • このカードから「イワシン」や「爆撃男」といった墓地に落ちた時に発動するカードを落とすことで、さらなる墓地肥やしに繋がったり、小型クリーチャーの除去ができる。

【異端流し オニカマス】

  • アンタッチャブルのタダだしメタカードで最近では色々なデッキに主張している。『ドギラゴン剣』や『ロージアダンテ』といったタダだしで動くデッキに対して、強いだけでなく選ばれないのでフィニッシャーにもなるのが強い。
  • 「5000gt」を出した際にこいつも除去される点には注意したい。

【一なる部隊 イワシン】

  • このデッキを1段も2段も強くするのに貢献したカード。
  • 基本は「アツト」や「ノロン」、「ワルスラ」から落として山札をさらに削りながら墓地にもクリーチャーを増やす。これによって切り札である「クロスファイア」と「5000gt」の早期召喚が可能になった。
  • どこからでも墓地に置かれた時に効果が発動するということで、「ホネンビー」の効果やこのクリーチャーを進化元にした「ワルスラ」が破壊された時にも効果が発動し、さらなる墓地肥やしができる。
    *以前だと「ワルスラ」の進化元にあった「イワシン」の効果は発動できないとされていたが、11月14日に公式QAによってできるという裁定になった。
  • 「イワシン」効果で「イワシン」落としてまた効果を使えるのは強い。

【プラチナ・ワルスラS】

  • 攻撃するだけで手札が2枚も増えて、墓地にクリーチャーを増やせるのが弱いわけがない。「5000gt」召喚時にこのクリーチャーがいればチェンジラフルルをすることができ、実質単騎ラフルルという動きができる。
  • 攻撃時に3枚カードを引くことができるので手札に「イワシン」がなくてもこのドローによって持ってくることができ、さらに墓地にクリーチャーを増やすことができる。
  • 正直3コストのスペックではないと考えているので、次の殿堂で危ういと感じている。

【終末の時計 ザ・クロック】

  • 誰もが知っているトリガー。盾を0枚にしておけば、チェンジラフルルやそのまま殴って勝つことができる。

【爆撃男】

  • 墓地ソースを強化するのに貢献したカードその2。
  • 墓地に落ちるだけで相手のパワー2000以下のクリーチャーを除去できる。具体的に言えば「ヤッタレマン」や「トップギア」、「クリスタ」である。
  • 他にもパワーを下げる能力を使えば「5000gt」で「プチョヘンザ」にパワーで勝てるようになったりするので相手にクリーチャーがいる場面では大体活躍してくれる。

【白骨の守護者 ホネンビー】

  • このデッキでは、呪文が「インフェルノ・サイン」しか投入されていないので、確実にクリーチャーを3体落としつつ、その時に欲しいクリーチャーを回収できるのが強い。この能力で落ちた「イワシン」や「爆撃男」の能力は発動できる所も上手く利用したい。
  • ブロッカーという点も相手のデッキタイプによってはかなり強い。

【インフェルノ・サイン】

  • トリガーで7コスト以下を蘇生できるので、トリガーで発動した場合は、基本クロックでターンを終了させる。クロックがない場合は「ノロン」「アツト」で「爆撃男」を落としてクリーチャーを除去することになる。
  • 手札から発動した場合は、「クロスファイア」を出したり「5000gt」が場にいる時に使うことで、墓地にある「ラフルル」を出すこともできる。

【盗掘人形 モールス】

  • 殿堂カード。0コストで好きなクリーチャーを墓地から回収できるので状況に応じてなんでもできる。

【音精 ラフルル】

  • もうどんなデッキにも投入されるようになったカードで、やはり呪文のトリガーやベガスを止めることができるのは、このデッキのようなガンガン殴るデッキにはとてもありがたい。このデッキに投入されているクリーチャーは水文明が多いので大体なんでもチェンジできる。

【百万超邪 クロスファイア】

  • このデッキの切り札。大体4ターン目から出せるので、クリーチャー除去につかったり盾を削る。

【暴走龍 5000GT】

  • このデッキの切り札その2。やはり、これと「クロスファイア」並べる動きは強い。横に並ぶデッキが増えてきたので、5000以下のクリーチャー全体除去が強い。

対面デッキ

【モルトネクスト】

  • NEXTが飛んでくる前には盾を削って勝てるようにしておく。
  • 永遠龍やレジェドギがかなり辛い。

【5Cバスター】

  • 墓地ソースはデッドブラッキオを止める術がないので、5マナ貯まる前にできるだけ盾を減らして、有利に勝負を進めたい。
  • なるべくラフルルを絡めて殴る。

【ロージアダンテ】

  • 相手が動くのが遅めなので、場と墓地を整えながら5マナになるときにオニカマスを出したい。
  • 基本殴るときにはラフルルを絡めてトリガー1枚から逆転されないようにする。最近はカーネルがよく投入されているのでそこには注意。

【レッドゾーン】

  • 5000gtを出せばほぼ勝ち。しかしこちらの盾が薄いので、序盤のトップギアやマグナムの処理はしっかりしたいところ。

【ブライゼシュート】

ブライゼナーガ出される前にラフルル使いながら盾を減らして勝つ。