浅瀬CS優勝白緑メタリカのデッキを公認ジャッジが解説【デュエルマスターズ】



浅瀬CS優勝白緑メタリカ

執筆者:じゃすみん@11月26日長岡CS

カード解説

【ベイBジャック】

  • 大量展開できるメタリカとこのカードの相性の良さには目を見張るものがある。
  • 以前は猿ループなどで使われていたこともあったこのカード。
  • このデッキに含まれている2種類のドローソースとの相性か抜群によく、また、パワーラインが高いため、アンタップされないデメリット効果も軽減されている。
  • 1マナというマナコストは少し軽すぎるのではないかと感じてしまうほどのパワーカードである。

【龍装者バーナイン】

  • 2種類のドローソースのうちの1つ目はこのカード。
  • 上記のベイBジャックと合わせたコンボが単純明快でわかりやすい強さである。
  • バーナインの効果でメタリカ召喚時に1ドロー、召喚したメタリカをタップして再度メタリカを召喚して1ドロー…と手札を減らすことなくメタリカを召喚し続けることができるようになるため非常に強力である。

【ジャスト・ラビリンス】

  • 2種類のドローソースのうちのもう一つはこのカード。
  • バーナインが引けない時や、もしくはメタリカを連続して引けず、ドローが出来なくなってしまった時に使用するのがこのカード。
  • デスマッチビートルやソルハバキにも反応するため、メタリカが思うように引けない場合のメインエンジン。
  • この呪文を唱えた際に3マナ以上残っていれば、大量ドローのあとの攻守の天秤からさらに大量展開し、ゲームに勝利することも出来てしまうスーパーカードである。

【攻守の天秤】

  • メタリカの登場により突如注目されることとなったことカード。
  • 上記のベイBジャックとバーナインを組み合わせたコンボを使用した際に3マナ払うと全てのクリーチャーがアンタップされる。
  • もちろんアンタップされたクリーチャーは再度ベイBジャックでマナを生み出すことができるため、3マナのボルバルザークエクスと言っても過言ではないだろう。
  • また、シールドトリガーとしても、2体分の攻撃を止められるため、まさに「攻守」にすぐれたカードと言えよう。

【無限銀河 ジ・エンド・オブ・ユニバース】


場に大量展開されたメタリカを進化元に召喚されるエクストラウィンできるクリーチャー。
・特殊勝利条件は主に下の2つ。

  • ①ベイBジャック下でバトルゾーンにアンタップ状態のクリーチャーを17体並べる。
  • ②7体タップして残りのアンタップ状態のクリーチャー10体の上に超無限進化→そのまま攻撃時メテオバーンで特殊勝利。
  • もしくは①ベイBジャックとでバトルゾーンにバトルゾーンにアンタップ状態のクリーチャー10体とタップ状態のクリーチャー3体②7体タップしてその7体と元々タップ状態のクリーチャーの上に超無限進化③残りの3マナで攻守の天秤を唱えてユニバースをアンタップ→そのまま攻撃時メテオバーンて特殊勝利。

どちらのルートを使うかはバーナインやジャストラビリンスで引いたカードによって決めるため、両方覚えるととても役に立つぞ!


【赤攻銀マルハヴァン】

  • シンパシー&味方の一部に破壊耐性付与の中型ブロッカー
  • 大量展開が容易なこのデッキにおいて、シンパシー達成しつつ時間を稼いでくれるテックカード。
  • 自信だけでなく、味方の4コス以上全てのクリーチャーへの破壊耐性が強力である。
  • バーナインを破壊から防ぐことができる効果が強力で、ドローソースを維持しつつ、ブロッカーによってこちらへの攻撃も防いでくれる。
  • チャンプブロックした際には、3コス以下のクリーチャーを身代わりにすることで破壊を防ぎつつアンタップすることができるため、見た目にやっかいな壁として機能する。

自然の力を手に入れたメタリカでエクストラウィンを決めよう!!