《超Z級 ゲキシンオー》《SMAPON》メガ盛りデッキの注目カードを考察!【デュエルマスターズ】



超メガ盛り7デッキが発売されたのでのレビュー&考察

紅茶派閥:よざくらさんの執筆

どうもよざくらです。

今回は昨日発売された超メガ盛りプレミアム7デッキで特に注目すべきカードを紹介していきます。

『集結!!炎のJ.O.Eカーズ』編

《超Z級 ゲキシンオー》

超Z級ゲキシンオー SR
コスト9
火文明
クリーチャー:ジョーカーズ
パワー8000
■J・O・E2
(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。
そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く)
■スピードアタッカー ■W・ブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のジョーカーズ1体につき相手のシールドを1つブレイクする

今弾の切り札カード。

これまでになかった能力であり、炎のジョーカーズの切り札と言える《メラビート・ザ・ジョニー》の新たなる相棒となるカードだ。

その能力は火文明の《超特Q ダンガンオー》と言い換えることができるが、大きな違いは出たときにブレイクすること。

つまり、《メラビート》の効果で出した場合、《ゲキシンオー》の効果→《メラビート》の全体除去効果と解決することで、トリガーで出たクリーチャー諸共一掃することができるのだ。

この動きはトリガークリーチャーをデッキの軸に据える【ロージアダンテ】系統のデッキに強く、環境でも十分通用するだろう。

またJ・O・Eを持つため、単体でも《ダンガンオー》のような使い方が可能だ。コストの割に使いやすいカード。

《SMAPON》

SMAPON(スマッポン)
コスト7
火文明
クリーチャー:ジョーカーズ
パワー1000
■スーパー・S・トリガー(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーにS能力を与える)
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
■S:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン中、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝てない。

青における《終末の時計 ザ・クロック》、緑における《チャケの応援》《Rev・タイマン》。

これまで青と緑に配られた実質スパーク系トリガーがついに赤にも配られた。

今までtクロックなどをしていた赤単のデッキにとっては朗報だろう。

また、ジョーカーズかつスパーク効果を持つ初のカードでもある。

《バイナラドア》などの単体除去を物足りなく感じていた方々には新たな選択肢として如何だろうか。