超メガ盛りプレミアム7デッキの収録カード内容を考察を交えて公開!【デュエルマスターズ】



超メガ盛りプレミアム7デッキの収録カード内容を考察を交えて公開!

【超Z級 ゲキシンオー】

超Z級ゲキシンオー SR
コスト9
火文明
クリーチャー:ジョーカーズ
パワー8000
■J・O・E2
(このクリーチャーを、コストを2少なくして召喚してもよい。
そうしたら、このターンの終わりに、これを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く)
■スピードアタッカー ■W・ブレイカー
・このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のジョーカーズ1体につき相手のシールドを1つブレイクする
  • このカードは、メラビートザジョニーのマスターWメラビート 効果、超Z級 ゲキシンオーと何かをだす。そうすれば、メラビートザジョニー+超Z級 ゲキシンオー+ジョーカーズがいれば、あと2体で5枚ブレイクできてしまい、さらには、メラビートザジョニーの破壊効果で相手のクリーチャーが全て破壊され、メラビートザジョニーはSAなので、一気にトドメに持ち込むことができる。
【絶対の畏れ 防鎧】

絶対の畏れ 防鎧 SR
コスト3
光文明
クリーチャー:メタリカ
パワー3500
■相手が自身のマナゾーンにあるカードの枚数よりコストが大きいクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手はそれを山札の一番下に置く。
■相手の呪文の効果またはクリーチャーの能力によって、自分の手札は捨てられない。

  • 簡単に言えば、制御の翼 オリオティスと聖鐘の翼 ティグヌスが合わさったカード。
  • 最近では、絶対の畏れ 防鎧が入ったメタリカデッキである、メタリカダンテというデッキが知られている。
  • 3コストでこの能力なので、相当壊れていることが予想され、持っておいて損のないカード。

【オヴ・シディアDG】

オヴ・シディアDG  SR
コスト8
ゼロ文明
クリーチャー :メタリカ
パワー12000
■T・ブレイカー
■相手のターンのはじめに、自分のシールドを1つ手札に加え、その後、自分の山札の上から2枚を裏向きのまま新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。(こうして手札に加えたシールドカードの「S・トリガー」を使ってもよい)
■ラビリンス:自分のシールドの数が相手より多ければ、自分のメタリカのパワーを+5000する。

  • このカードは、まず、ハンドが増えて、さらに盾も増える。
    ここから壊れているヤバイカード。さらに、オヴ・シディアDGで手札に加えたシールドトリガーを使えるそう。

【コンボを考案】

  1. まず、盾に終末の時計 ザ・クロックがある状態(スーパー・エターナル・スパークや、深緑の魔法陣などで埋める)で、オブシディアDG、激天下!シャチホコ・カイザーをバトルゾーンにある状態で、墓地には黙示護聖ファル・ピエロと、スーパー・エターナル・スパークがある状態にしてターン終了。
  2. そして相手のターン開始時にオヴ・シディアDGの効果である「相手のターンのはじめに、自分のシールドを1つ手札に加え、その後自分の山札の上から2枚を裏向きのまま新しいシールドとしてシールドゾーンに置く。(こうして手札に加えたシールドカードの「S・トリガー」を使ってもよい)」を発動。
    シールドゾーンに埋めた終末の時計 ザ・クロックを自分のシールドゾーンに加える時、シールドトリガーを発動して、終末の時計 ザ・クロックをバトルゾーンに出し、cipで相手のターンを飛ばす。
  3. そして自分のターンのはじめに激天下!シャチホコ・カイザーの効果で黙示護聖ファル・ピエロを墓地からバトルゾーンに出す。
  4. 黙示護聖ファル・ピエロの効果で呪文を1枚墓地から回収できるので、スーパー・エターナル・スパークを回収。
  5. 5マナを使って、スーパー・エターナル・スパークを唱えて、バトルゾーンにある、終末の時計 ザ・クロックをシールドゾーンへ。
  6. そしてターンを返すと、オヴシディアDGの効果でシールドゾーンに埋めた終末の時計 ザ・クロックがまたもた出てきて、相手のターンを飛ばす、つまり実質無限エクストラターンを得ることができる。

このコンボがもし決まれば勝ちも同然と言える。

オヴ・シディアDGは、こいつ自身の効果が壊れているので、このカードも持っておいて損のないカードだと思われる。

【SMAPON】

SMAPON(スマッポン)
コスト7
火文明
クリーチャー:ジョーカーズ
パワー1000
■スーパー・S・トリガー(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーにS能力を与える)
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のパワー2000以下のクリーチャーをすべて破壊する。
■S:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン中、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝てない。

  • このカードは一見強そうだが、実はそこまででもないと考えられる。
  • SSTは、普通にケアされるし、2000以下破壊も、意識すれば全然ケアできてしまうためだ。
  • 表現するならば、ハクション・マスクのような立ち位置だ。
  • ハクションマスクは、素で出してもとても強力であるため、採用されている。
  • それに比べてSMAPONは、素で出そうとすると7コストとすごく重い。
  • なので、コンボが判明されない限りはそこまでの需要性はないと考えられる。
【ビギニング・ザ・メラビート】

 

【 クリーチャー 】
種族 ジョーカーズ / 文明 火 / パワー5000 / コスト6

■スピードアタッカー
■マスター・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。このターンの終わりに、それを自分の山札の一番下に置く。下に置いたら、カードを1枚引く。

  • このカードは、メラビートザジョニーが6コストになる代わりに、効果が大幅に弱くなったクリーチャーである。

【キャタピラ親父】

キャタピラ親方
コスト5
火文明
クリーチャー:ジョーカーズ
■J・O・E1
■スピードアタッカー
■いずれかのプレイヤーがコストを払わずにクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのクリーチャーを破壊する。

  • ジョーカーズの踏み倒しメタである。
  • このカードの強さは、普通に攻める時も強いが、超Z級 ゲキシンオーとの相性がすごく良いため、ゲキシンオーを採用するようだったら、このカードも採用しても良いと思う。

【メラメラ・ジョーカーズ】

メラメラ・ジョーカーズ
コスト1
呪文:ジョーカーズ
■ジョーカーズを1枚、自分の手札から捨ててもよい。そうしたら、カードを2枚引く。

  • このカードは、一見優秀なドローソースには見えるが、結果的に2枚捨てて2枚引いているだけなので、盤面を並べるというには向いていないと考えられる。

【緑知銀 イーアル】

緑知銀 イーアル
コスト4
光文明
クリーチャー:メタリカ
パワー1000
■スーパー・S・トリガー(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、このクリーチャーにS能力を与える)
■このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のマナゾーンのカードが自分のより多ければ、自分の山札の上から2枚をマナゾーンに置く。
■S:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを2体まで選び、タップする。

  • メタリカサポートを受けることができるマナブースト札は正直、メタリカを使っている人からすると嬉しいと思う。
  • 最悪、受けとしても役に立つのもポイント。
  • 今のところ、これといったコンボは特にないが、実用性の面で考えると、必ずというほどでもないが、普通に使われるようになってもおかしくはない1枚だと感じた。
  • メタリカ以外でも使われる可能性は大いにあるので、今後に期待

【エメスレム・ルミナリエ】

エメスレム・ルミナリエ
コスト7
呪文
■コストを支払うかわりに、自分の光のクリーチャーを4体タップして、この呪文を唱えてもよい。
■コスト8以下のメタリカを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。その後、それをタップしてもよい

  • 光4体タップはで、8コスト以下のメタリカが出せるということで、相当強力な1枚だと考えられる。
  • 例えば、オヴ・シディアDGを出してシールドと手札を増やしたり、オヴシディアを出して大量展開したりなどと様々な使い方ができ、今後に期待が持てる1枚だ。